【USCPA】コスパ最強の資格 米国公認会計士とは何か?

ecoslymeと申します。

 

社会人にとって何か良いおすすめの資格はないか、とネットを調べてみると最近よく目にするこの名前。

 

米国公認会計士USCPA)とは一体何なのか、気になる方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

私のブログ紹介文にも「米国公認会計士(USCPA)」と記載しています。

 

そこでこの記事では、米国公認会計士USCPAとは何か、ということをご紹介させて頂ければと思います。

 

米国公認会計士とは

米国公認会計士:USCPA(Certified Public Accountant)

 

米国公認会計士(USCPA)とは米国各州が認定する公認会計士資格であり、CPAとも呼ばれる。(wikipediaより)

 

「CPA」とはCertified Public Accountantの略で公認会計士のことで、「US」はアメリカのことです。

 

日本ではUSCPAとか、米国公認会計士と呼ばれています。

 

つまりアメリカの公認会計士ということで、その名の通りアメリカで公認会計士の業務ができる資格になります。

 

ですが米国公認会計士という名前にも関わらず、嬉しいことにMRA(国際相互承認協定)という制度があります。

 

米国公認会計士の資格を取得すればアメリカだけでなく、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、香港、アイルランドなどでも「会計士業務」が行える資格なのです。

 

(シンガポールも2016年まで対象でしたが、この制度はなくなってしまいました。非常に残念)

 

また、日本の公認会計士と違いアメリカでは公認会計士は州ごとに資格要件が違います。

(試験は同じなので、実務経験の内容や期間の違いと思って下さい)

 

なお、日本でも日本の公認会計士のことをCPAと言ったりします。

 

なお私は働きながらアビタスに通い、米国公認会計士を取得しています。

 

米国公認会計士がコスパの良い資格と考える理由

結論から申し上げますと、米国公認会計士は費用対効果(コスパ)の良い資格と考えています。

 

理由は以下に記載します。

 

勉強時間

米国公認会計士の勉強時間は1,500〜2,000時間です。

 

他の資格と比較してみましょう。必要な勉強時間は私が色々なサイトを見て記載しています。

資格の名前必要な勉強時間合格率
弁護士10,000時間3%
公認会計士3,000~4,000時間10%
司法書士3,000時間3%
弁理士3,000時間7%
税理士2,500時間10%
米国公認会計士1,500~2,000時間35%
中小企業診断士800~1,000時間5%
社会保険労務士900時間7%
日商簿記1級800時間10%
行政書士600時間7%
日商簿記2級250時間30%

 

聞いたことのある資格が多くあると思います。

 

合格率もあえて記載しましたが、個人的には合格率の数字の大小関係ないと思っています。

 

合格率設定の結果がこれらの勉強時間になっていると考えています。

 

そのため少し乱暴かもしれませんが、勉強時間≒難易度と考えて良いのではないでしょうか。

 

米国公認会計士が一番合格率が高いように見えますが、結局勉強時間はこれほどかかります。

 

改めてこの表をみると、例えば公認会計士までは手が出ないけど、米国公認会計士であればなんとか頑張れそうな気がすると思えてきませんか?

 

有名な資格と比べると時間的なコストは比較的かかりません。

関連記事

ecoslymeです。 このページでは、USCPA(米国公認会計士)の資格をするのに必要な勉強時間について、私の経験を元に公開させて頂きます。 困っている人USCPAの資格が気[…]

 

転職市場価値

 

それでは米国公認会計士の市場価値はどうなのでしょうか?

 

実際に転職エージェントに聞いた内容ですが、転職市場ではBIG4と呼ばれる監査法人に入れるチャンスが十分にあるということ。

 

また、筆者はBig4を4つ全て受けたら2つ以上は内定貰えると言われました(筆者は経理も財務も未経験です)。

凄いですね。。。

 

日本の公認会計士は年間約1,000〜1,300人程です。

 

一方、米国公認会計士の日本に在住する日本人の合格者数は推定で200〜300人(これはあるデータを元に計算した完全に私の推測ですが、大きく違ってはいないと思います)です。

 

  • 公認会計士(日本)    :年間 約1,000〜1,300人
  • USCPA(米国公認会計士)  :年間 約200〜300人 ※推定の日本人合格者数

 

そのため、米国公認会計士に希少価値があることがわかります。

 

日本の公認会計士だけでは足りないから、米国公認会計士の受験者で4科目のうち2科目合格でも内定を出す、というようなことも言っていました。

 

上記の合格者数を見ればそう考えるのも頷けます。

 

日本の公認会計士の合格者数が1,000人→1,500人と増えてしまうと、米国公認会計士の内定は厳しくなり、転職価値が下がってしまう可能性もあります。

 

社内市場価値

 

米国公認会計士を取得したからといって皆が転職するわけでもありません(筆者もそうです)。

 

社内での市場価値はどうなのでしょうか?

 

筆者も非常に驚いたのですが、この米国公認会計士という資格、マイナーな資格だと舐めていました。

 

実はめちゃくちゃ有名でした。

 

管理部門の人であれば、30代以上の人は全員知っているというレベルでした。

 

皆どこかで一度はこの資格を目にするみたいです。

 

資格取得したことを話していない他部署の部長クラスの人からも、米国公認会計士とったんだ、凄いね。と言われるほど。

 

箔がつくとは聞いたことありますが、これほどとは。。。

 

おかげさまで仕事も大きな仕事を任せてもらえるようになり、自分の裁量で好きに物事を運べることが多くなってきました。

 

業務内容の把握

米国公認会計士の試験勉強をする事は、社内の業務内容を把握するのに非常に役立ちます

 

もともと営業をしていましたが、管理部門に配属されてから、各々の管理部門が何をやっているか分かりませんでした。

 

ですが、米国公認会計士で特にBECのIT関連の部分や、AUDを学んでいくうちに、社内のどの部門がどのようなことをやっているかの大枠が掴めてきました

 

会社が機能するためにはこのような作業やチェックをしているのだと。

 

各部門がどのようなことをやっているか、各部署1人1人捕まえて聞くのは至難の技ですし、その人が本当に自分の部署の役割を知っているかわかりません。

 

ですが、米国公認会計士の勉強を通じて体系的に学んでいくことができました。

 

上辺だけの資格ではなく、業務内容の把握にも非常に良い資格だと感じました。

 

お役立ち度

資格を取得しても、業務に役に立たなければ意味がありません。

 

では、そのお役立ち度はどうなのでしょうか?

 

日経の記事で、

仕事で使える資格は何か〜資格ランキング2014」の「お役立ち資格ランキング(総合)」で堂々の第1位を取得していました。

 

「米国公認会計士」保有者全員が、業務で役立つと言っています

 

資格取得後に後悔する資格も多々あるでしょうが、米国公認会計士を取得して後悔している人は一人もいないという資格です。

 

名ばかりの資格であれば、資格保有者もこれほどに評価しないでしょう。

 

最後に

米国公認会計士は、コストの割に得られる物が非常に大きいと感じました。

 

資格を持っていて、いつでも転職ができるという後ろ盾はかなりの自信になります。

 

失敗しても最悪転職できるという考えは心に余裕を持たせることができます。

 

失敗を恐れない仕事のスタンスとなり、更にその仕事を成功させて社内の評価が上がるという好循環。最高ですね。

 

その他、上の人からガミガミ言われても気にしなくなるようになり、精神的なストレスが大幅に削減されました。

 

これが一番大きな収穫かもしれません(笑)

 

皆さんもぜひこの米国公認会計士に挑戦して、最高の仕事環境を整えてみてはいかがでしょうか。

 

米国公認会計士に興味を持った方は、以下の記事も是非ご覧下さい。

関連記事

ecoslymeです。 最近、USCPAという資格が気になっている。けれども、どんな資格か得体が知れない。 困っている人USCPAに興味あるけど、結局海外の大学を卒業してないと[…]

 

USCPAに強い転職サイト・転職エージェント5選(30代・40代OK)

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

 

✔︎1回最短3分から!スキマ時間でできる英会話レッスン

✔︎スマホ/PCでリスニングからスピーキングまで全て集約

✔︎ディクテーションや発話トレーニングなど本格的なトレーニング

 

 


Universal Speaking

 

✔︎日本ではまだ少ないIELTS対策コースを用意!

✔︎1日の受講制限がないため、短期集中レッスンも可能!

✔︎目的に合わせてレッスンを行える!