【ライフスタイル】最高の勉強環境の整え方を教えます

ecoslymeです。

社会人になり一人暮らしを開始して、学生の頃住んでいた実家と違って部屋のレイアウトはガラッと変わったのではないでしょうか?

 

実家にいた頃は部屋に学習机があり、勉強する環境が整っていたけれども、引っ越してからそんなことはできなくなってしまった、という方も多いのではないでしょうか?

 

私の周りでも、友人の家に遊びに行くと学習机が無い人が非常に多いです。

 

リビングにあるから問題無い、と思っている人もいるかと思いますが、勉強する机食事をする机(テーブル)は個人的には分けたほうが良いと思っています。

 

まず、食事をする机だと見えない部分が汚れており、そこに教材を置くと知らぬ間に汚くなってしまうといったことがあり、勉強の意欲を削がれてしまいます。

 

また、食事をするときには教材を一旦片付けなくてはいけませんが、せっかく勉強していたのに一旦テキストを閉じてしまうため、食後にやる気がなくなってしまいます

 

そこで、この記事では私が実際に使用している最高の勉強環境についてご紹介させて頂ければと思います。

 

東大の試験にも合格し、社会人になってからUSCPAの資格を取っている位勉強はしていますので、自信を持って紹介できると自負しています。

 

勉強環境におすすめの最高のアイテム

まず最初に、私が使用しているのご紹介をさせて頂きます。

下記リンクからご確認ください。

私はこの机を使用して、USCPAの資格の勉強をしていました。

 

 

机を選ぶに当たって私が重視していたポイントは以下になります。

机を選ぶときのポイント

  • 奥行きがある(60cm)
  • 幅が広い(120cm)
  • 手前の部分が角ではなく丸みを帯びている  ←これがかなり重要です
  • 左と右に引き出しがある
  • チェスト(机の中に入る3つ程の引き出し)がある

 

奥行きと幅に関して広いと思われるかもしれませんが、理由としては机の右1/3に鉛筆やティッシュやデスクライトなどを置いても狭くなく、また本を2つとノートPC、メモ用ノートの4つを同時に広げられる程の広さが必要だからです。

 

テキスト1つ問題集1つPCのスペースと手前にメモ用ノート(計算用のメモ帳でも)があれば十分に学習ができます。

 

ノートPCが必要なのは検索(英語など)や、E-learningをする際に必要になります。社会人が資格を勉強するとなると、このE-learningが多いでしょう。

 

また、一番重視したのが机の手前の部分が角ばっていないで丸みを帯びているものです。勉強するときにその部分に肘や前腕を置くことになります。

そのときに机の手前が四角ければ血が止まってしまい、更に後まで少しの時間残ってしまいます。あと少し痛くて気になり、勉強に集中できなくなります。

これは長時間勉強する際の弊害となります。

 

そのほか、教材をすぐに取り出せるように引き出しは必要です。

 

教材だけでなく他の重要なものを保管するのにチェストは利用できるので、この広さの机を買う場合は無駄なスペースを作らないため必須となります。

 

(机上の配置のイメージ図)

 

椅子

実は、机より椅子の方を私は重視しています。

 

机の金額の3〜5倍くらいまでなら出しても良いとさえ思っています。

長時間座っており、体の健康に直結する相棒です。長ければ1日の活動時間のうち、1/3〜1/2は椅子に座って生活します。

 

今私が使用している椅子は既に廃盤となっていましたので、似たような椅子で今買うとしたらこの椅子というものをご紹介します。

 

 

椅子を選ぶ際に重視していたポイントは以下になります。

椅子を選ぶときのポイント

  • キャスター付き
  • 背もたれ付き
  • 腰の部分が可動式
  • アームレストがある(できれば可動式)

 

キャスター付きなのは、椅子を引くときにストレスがないため。

 

背もたれは言わずもがな楽だから。腰の部分が可動式であれば、椅子を動かさないで背伸びができるので超オススメ。血流も良くなります。

 

アームレストは必須。疲れたときにリラックスができるし、E-learningの講義をPCで聞いているときに疲労回復をしながら講義を聞くことができるため、より長時間勉強が可能になります。

 

アームレストが可動式であれば、机にすっきり収まってくれることができますので、幅をとらなくて済みます。

 

ちなみにですが、東大の駒場図書館(主に1,2年生が利用)の椅子はめちゃくちゃ良いものです。おそらく1脚8〜10万円すると思います。さすが東大、椅子が重要ということが分かっています。

 

そして、期末テストの前にはほぼ満席に。。。周りも勉強しているという環境が良いというのもあると思いますが、東大生もみんな良い椅子で勉強したいという欲求が間違いなくあるでしょう。

 

今は一人暮らしなので買うなら上記の椅子ですが、引っ越ししたら以下のオカムラの椅子を買うと思います。

値段は高いですが、自分の勉強に対する投資であれば高くはないと考えています。

 

 

 

チェアマット

椅子があればチェアマットも必要です。

薄くて椅子のキャスターが稼働しやすいものがベストです。

 

 

チェアマットの選び方のポイント 

  • 薄い
  • ズレにくい
  • 絨毯状になっていない

 

チェアマットにはあまり気を使いませんでしたが、ポイントとしては上記の3点でしょう。

ストレスなく椅子が移動できることが重要です。絨毯のように厚みがあれば移動はしづらいし、ゴミが溜まっていきますのでオススメしません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

これを機に勉強机と椅子を購入し、自己投資をしてみたいと思いませんか?

勉強で得た知識は一生無くなりませんし、会社のライバルにも差をつける近道です。

1年後には知らぬ間に知識に関して、そのライバルを抜かしていることでしょう。

 

社会人のための勉強に限らず、お子さんへの将来の投資としても決して高くない買い物だと思います。

子供への投資が一番投資回収率が高いというデータもあると聞いたことがあるので(これは私も興味があるのでいつか調べてみます)、真剣に考えてみても良いのではないでしょうか。

 

みんなに内緒で「俺つえぇぇ」状態になりませんか。

 

この記事で紹介するアイテム以外の、勉強が捗る環境を整えるアイテムに関しては別の記事で紹介していますので、是非こちらもご覧下さい。

関連記事

ecoslymeです。 会社から仕事が終わって家に帰ってきたときに、最近買った高級家具や高級家電があるとテンション上がったという経験はありませんか?私はそのタイプでした。 ただ見て[…]