注目キーワード
  1. USCPA
  2. RPA
  3. Tableau

【USCPA】スコアリリース(試験結果の発表)はいつ? 1日早く見る裏技もご紹介!

ecoslymeです。

 

USCPA(米国公認会計士)の試験を受験した人は分かるかもしれませんが、試験を受験した後はもちろん結果が気になりソワソワしますし、USCPAのスコアリリース(試験結果の発表)については、可能な限り早く合否の結果を知りたいと思ってしまいます。

 

USCPA を受験した人
USCPAのテスト結果がそろそろ発表されるはず!
けど、USCPA試験の結果発表日がいつだったか分からん。。。
USCPA の試験結果を早く知りたい人
USCPAのスコアリリースの時間まで待てない! 今週の勉強する予定の科目や今後の動きも変わるから早く結果が知りたい。。。

 

USCPAの試験は受験した日によってスコアリリースの日(結果発表日)が異なってきます。

 

もちろん皆さんも結果が気になるでしょう。

 

そこでこの記事では、USCPA試験のスコアリリース(結果発表日)と、1日(数時間)早く試験結果を見ることができるというEyeball Trick(アイボールトリック)についてまとめました。

 

実はAICPAの結果発表より数時間〜1日早くUSCPAの試験結果を知ることができます(受験者に少し条件があります)ので、ぜひ最後までご覧ください。

 

USCPAのスコアリリース(試験結果発表日)について

USCPAのスコアリリース日(結果発表日)はAICPAのサイトから確認することができます。

 

 

サイトを閲覧する時期によって、スコアリリースの時期がまだ記載していない可能性がありますのでご注意ください。

AICPAは通例、12月に翌年の上期(1月〜6月)のスコアリリース日、6月に下期(7月〜12月)のスコアリリース日を公表します。
そのため、2022年1月16日現在では、2022年7月以降のスコアリリース日は公表されていません。

 

以下の表は、2021/7月からのスコアリリースになります。

 

2022/7月以降のスコアリリースの参考にもなるかと思いますので、ぜひご覧ください。

 

  • USCPAスコアリリース日 ※米国との時間差に注意(日本の方が約15時間早い
試験受験日(以下日付以前に受験した場合)スコアリリース日
2021 July 232021 August 10
August 15August 24
September 7September 15
September 30October 12
October 23November 9
November 15November 23
December 8December 16
December 312022 January 11
2022 January 23February 8
February 14February 23
March 9March 17
March 31April 12
April 23May 10
May 16May 24
June 8June 16
June 30July 12

 

  • 備考

・プロメトリックで受験したUSCPAの試験データは、24時間以内にAICPAへ送付されます。

カットオフ日より後にAICPAが試験データを受信した場合、次のスケジュールのスコアリリース日に回される可能性があります。

BECを受験した場合はWritten Communicationの分析のため、スコアリリース日より約1週間遅れて結果が分かります。

 

例えば、2021/12/9に受験した場合、スコアリリース日は2022/1/11になります。

 

しかし、日本時間の場合は米国より約15時間早いので、日本では2022/1/10に試験結果を見れるということになります。

 

なおBECを受験していた場合、2022/1/17 頃の結果発表となります。

 

詳細な時間に関しては、NASBAのTwitterを参考にするのも良いかもしれません。

 

  • NASBA Tweets

 

USCPAの試験結果を少しでも早く見たい人のために

USCPA試験のスコアリリースが待ち遠しくて、いてもたってもいられない人もいるかもしれません。

 

そんな人のために、裏技的な方法をご紹介します。

 

Eyeball Trick(アイボールトリック)という方法です。

 

NASBAの公式サイトから、Score Noticeを閲覧する方法です。

 

実はAICPAの結果発表の数時間前に、NASBAのScore Noticeに結果が書かれているというものになります。

 

  • NASBA Score Notice

 

View Score Formにある「目玉」をクリックしてみましょう。

 

単語の意味は以下になります。

Attended :結果待ち

Credit  :合格

No Credit :不合格

 

具体的なスコアはAICPAの結果を待ちましょう。

 

NASBAのサイトから分かるのは、合格か不合格かだけです。

 

以下の州は、このEyeball Trickが使えません
NASBAのサイトを利用せずに独自の州(公認会計士協会)で、試験結果の開示をしているためです。
Eyeball Trickが使えない州:カリフォルニア州(CA)、メリーランド州(MD)、イリノイ州(IL)
また、NASBAのScore Noticeで過去の成績が見れる人でないと使えません

 

 

これで一足早く、USCPAの試験結果を知ることができます。

 

これから勉強する科目の選定や、転職活動などのいち早い準備に向けて活用してみましょう。

 

2022年2月8日、NASBAがeyeball trick を廃止したとの連絡がありました。。。
通常通り結果を待っているしかないですね。。。

 

転職サイト・エージェントへの登録のおすすめ

USCPA4科目合格した人は、転職サイト・転職エージェントへ登録をしておきましょう。

 

USCPA全科目合格したことを予備校に連絡すると、その予備校から転職エージェント(アビタスの場合はアビタスキャリア)を紹介されると思いますが、以下の転職サイトにも登録しておいた方が良いです。

 

マイナビ会計士MS-Japanジャスネットキャリア3つは最低でも登録しておきましょう。

 

  • USCPA合格後に登録しておくと便利な転職サイト、エージェント
  1. マイナビ会計士
    :労働環境、経営者の人柄など、本当に知りたい情報が入手可能 ※要USCPA資格
  2. MS-Japan
    :特化型エージェントならではの高い専門性を持つアドバイザ多数在籍
  3. ジャスネットキャリア
    :監査法人・コンサルファーム・税理士法人への転職狙いの方はこちら
  4. ジャスネットスタッフ
    :経理、経理の派遣への転職狙いの方はこちら ※USCPAの方はジャスネットキャリアへ
  5. ビズリーチ
    :ハイクラスな転職の案件を見たい方

 

やはり、情報量が豊富にあるので有益な情報を得やすいです。

 

合格後の早い段階で自分の市場価値を教えてもらいましょう。

 

年齢が上がるにつれて市場価値は下がってしまう可能性があるので、合格後はすぐに登録することを推奨しています。

 

USCPA合格後はすぐに転職サイトに登録しておきましょう。
合格からライセンス取得までに6ヶ月ほどかかる可能性もあるので、その間に刻一刻と自分の市場価値が下がってしまう可能性があります。

 

予備校が紹介してくれるエージェントは、何も情報を登録せずに話を聞くことができると思うので、一度USCPAの市況も含めて話を聞きに行くのも良いかもしれません。

 

おそらくオファーがたくさんくると思うので、見てて気持ち良いと思います(笑)

 

さらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

 

USCPAの転職に強い転職・求人サイト/エージェント5選(30代・40代OK)

 

 

あえてライフワークバランスの良い中堅の監査法人に転職する方法もあります。

 

公認会計士・USCPAが中堅・中小監査法人に転職する理由【ワークライフバランス最高】

 

 

 

 ※クリックで公式サイトへ移動します

 

資料は紙媒体だけでなく電子媒体でも入手できます。
資料請求後、すぐに資料内容が閲覧可能です。

 

最後に

ベクター 選抜

いかがでしたでしょうか?

 

少しだけ早く結果を見れることで、なんとなくTwitterでお祭り気分を味わうことができますので、気晴らしに試しにEyeball Trickをしてみるのも楽しいかもしれません。

 

ちなみに私の場合、結果を見て落ちているとやる気がなくなることが分かっていたため、スコアリリースの1週間後くらいに試験結果を見ていました。

 

次の科目の勉強にすでに移っているので、受かっていても落ちていても勉強のスケジュールには影響を与えないようにしてました(実はただメンタルが弱いだけですw)。

 

極め付けには最終科目(REG)の時にはテストが確実に落ちていると思っていたため、REGのテスト後1〜2週間ずっとREGの勉強をしていましたが、意を決して結果を見てみると結局は合格してました。。

 

そのため、全科目合格していたのにずっとREGの勉強をしていた変な人でした。

 

Eyeball Trickはメンタルにも影響を与えてしまいかねないので、メンタルの弱い人はオススメしません(そんなことないか)。

 

関連記事

ecoslymeです。 USCPAの4科目合格おめでとうございます。 また長い間、勉強お疲れ様でした。とりあえずは、ここで大きな一息がつけるタイミングかと思います。 […]

USCPAに強い転職サイト・転職エージェント

 

USCPA科目合格の方も監査法人への転職実績があります

景気が悪化してしまう前に登録することをオススメします。

 

時間がない方は、上から3社だけでも登録しておけば問題ないです。

  1. マイナビ会計士
    :労働環境、経営者の人柄など、本当に知りたい情報が入手可能 ※要USCPA資格
  2. MS-Japan
    :特化型エージェントならではの高い専門性を持つアドバイザ多数在籍
  3. ジャスネットキャリア
    :監査法人・コンサルファーム・税理士法人への転職狙いの方はこちら
  4. ジャスネットスタッフ
    :経理、経理の派遣への転職狙いの方はこちら ※USCPAの方はジャスネットキャリアへ
  5. ビズリーチ
    :ハイクラスな転職の案件を見たい方

※クリックで公式サイトへ移動します

  1. Samurai Job
    :外資系ハイキャリアへの転職狙いの方はこちら
  2. アクシスコンサルティング
    :超有名外資コンサル、大手コンサルへの転職狙いの方はこちら

※クリックで公式サイトへ移動します

 

 

(参考記事):USCPAの転職(年収1,000万円超を目指したい人向け)

USCPA予備校のご紹介

 

USCPAに興味が湧いた方は、以下のリンクから公式サイトを覗いてみましょう。

アビタスは、USCPAの合格実績No.1の予備校です。

 

資料請求セミナー無料で申し込みできます。

 

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

>>資料請求はこちら<<

USCPAを目指すならアビタス

>>セミナー申し込みはこちら<<

米国公認会計士ならアビタス

※クリックで公式サイトへ移動します

 

 

(参考記事):【USCPA】予備校4社の徹底比較! おすすめはアビタス(Abitus)

アビタス紹介割引について

 

以下のメールアドレスにご連絡ください。
アビタス入学金が「10,000円 OFFになります。

 

メールアドレス:ecoslyme@gmail.com
※アドレスをクリックするとご自分の利用しているメール(Gmailなど)が開くと思います

 

記載必須事項 ※以下の文をコピペすると楽です
件名:アビタス紹介割引の件
氏名:
氏名(カナ):
メールアドレス:
※ecoslymeから紹介を受けた旨の連絡が届きます

 

勉強場所(コワーキングスペース)について

 

勉強したいのに勉強できる環境がないと嘆いている人は、コワーキングスペースを利用してみましょう。

 

Biz comfort」というコワーキングスペースが拠点も多く、比較的低価格で使い勝手が良いと思います。