USCPAを目指すきっかけと理由について改めて考えてみた

ecoslymeです。

 

USCPA米国公認会計士)の受験勉強を始めてみたい、もしくは今USCPAの勉強をしているけれども今モチベーションが上がっていない。

 

 

困っている人
そもそも何のためにUSCPAを目指しているんだっけ?
困っている人
USCPAを取るとどんな良いことがあるの?

皆さんの中にも、このように思っている方がもしかしたらいるのではないでしょうか?

 

USCPAの勉強をしていると、マラソンのように長期間に渡って何かを犠牲にしてながら生活をすることになります。

 

その時「自分って何のためにUSCPAの勉強をしてるんだっけ?」とふと思ってしまうことがあります。

 

私は予備校(アビタス)を利用しながら勉強していたので、会社帰りや土日にはアビタスの自習室へ通うことが習慣になっていました。

 

習慣化してしまうと変な疑問は持たないようになるのですが、ちょっと勉強する期間が空いてしまうと、ふと原点に立ち返ることがあります。

 

この記事では、私なりになぜUSCPAを目指そうと思ったかについてお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

USCPAを目指したきっかけ

ベクター 航海

私がUSCPAを目指したきっかけですが、インターネットで「将来役立ちそうな資格」を調べていたらこのUSCPAが出てきたことが大きな要因です。

 

では、なぜ将来役立ちそうな資格を調べたのかということについて触れていきます。

 

別の記事「【USCPA】未経験でも営業から経理系へ転職可能!?人生変える資格」にも書いていますが、私はもともと営業として商社へ入社しています。

 

バリバリの理系であり、とある商品の技術営業をしていました。

 

しかし、営業の年月を重ねていくにつれて、自分のスキルに不安を覚えてきました。

 

その業界で有効利用できる資格を取得しましたが、勉強時間としては50時間位で取得できる大した資格でもないです。

 

メーカーの人の方が私よりも技術力があります。

 

つまり、私は中途半端な技術力とコミュニケーション能力(笑)しかありません。

 

商社マンは年をとると専門性がないので市場価値が低くなるといいうことも聞いて知っていました。

 

そのため、年月が経つにつれて、焦りも生じてきました。

 

不安要素の数が多かったので、分かりやすくするために以下に箇条書きをまとめました。

 

  • 営業をしていて感じた不安要素
・商社の技術営業なので、メーカーよりも技術力がないので使えるスキルにはならない
・飲み会や接待、パワハラ、アルハラ、睡眠時間の短さが地獄すぎる
営業という仕事を死ぬまで続ける自信がない
・業界自体が死んでしまったら(例:日本の半導体、ディスプレイなど)、技術力を持っていても需要が少なく必要とされない
・やってる仕事は結局、大枠の中の一部の一部でしかない(経営などの視野が広がらない)
・ビジネスが感情論で成り立っている部分もあり、頭があっても関係ないのでなぜ自分がやる必要あるのかという疑念が湧いた
・体力では体育会(全国大会上位者など)に負けてしまう
その時代の景気で左右されてしまい、結局どれだけ頑張っても報われない可能性があるという運頼み
・仮に会社が倒産した時に、転職できるスキルがない

そこで、使えるスキルがないかとインターネットで調べていった、USCPAという資格を見つけました。

 

USCPAを目指した理由

ベクター ロケット1

では、数ある資格からUSCPAを目指した理由についてお話ししていきたいと思います。

 

上の章でご紹介した不安要素がたくさん発見されたため「このままではまずい!」と思いました。

 

転職して営業ではなく管理部門系の仕事をして手に職をつけたいと考えましたが、全く経験のないスキルではおそらくどこも雇ってくれなかったでしょう。

 

雇ってもらえるとしてもブラック企業間違いなしでしょう。

 

しかしそんな中、会社で良い転機となったことがありました。

 

社内で管理系の部署(財務・経理系ではない)への異動となりました。

(半分は私の希望でしたが、うまく通ってくれました)

 

異動後の部署では飲み会の頻度や残業の多さ、精神的苦痛も営業に比べて大幅減ったので、「今がチャンス!」ということで何か勉強しようと考えました。

 

そこで何か絶対的な価値の高い資格を取りたいと思いました。

 

また営業へ戻る可能性も高かったので、営業へ戻るよりも先に管理部門で重宝される資格を取ろうということになりました。

 

Webで社会人に必要なスキルについて見ていたところ、「ビジネスマンの3種の神器」として「IT、英語、会計」の3つが挙げられていました。

 

まさに全てを兼ね揃えていたUSCPAがぴったりでした。

 

USCPAについて調べてみると、以下の条件が自分の環境に非常にマッチしていました。

 

  • USCPAを勉強するのに最適な環境が揃っていた
・アビタスが会社や自宅から通える範囲にあった
・管理部門系の部署に移動してから、プライベートに使える時間が増えた
・社会人でも1年間勉強すれば取れる資格であった(実際はもっとかかりますが…笑)
・資格取得すれば監査法人に比較的容易に転職できる
・会計用語を日本語と英語で学ぶことができる
・予備校の後者には自習室があり、やる気のある人たちが勉強してそうだった
・当時、勉強欲がなぜか溢れていた
・一生付き合っていける資格だと思えた

 

最近は仕事が忙しくなってきてしまっているので、今思うと本当にあの時期に勉強しておいてよかったと思いました。

 

自分は貴重なチャンスをモノにできたんだなと、改めて今思います。

 

USCPAを取得してから変わったこと

ベクター 喜び

以上でご紹介してきた内容はUSCPAを受験したきっかけや理由ですが、ではその後いったい何が変わったのでしょうか。

 

USCPAを取得してから変わったことについて、簡単にご紹介したいと思います。

 

まず、何と言っても勉強をやり終えたという達成感が半端なかったです。

そしてその後の開放感は、何かを本気で頑張った後にしか味わえない快感です。

 

  • USCPAを取得してから変わったこと
心にかなり大きな余裕ができた
・上司に何を言われても「腹がたったら辞めてやる!」と常に思えるため、精神が安定した
・自分のしている業務内容の理解が深まった
・海外との英語のやりとり(主にメールですが)に対して、億劫にならずにスムーズにできるようになった(商社でもやっぱり英語に対しての恐怖はちょっとありました)
・社内で箔がついた(マジで)
米国公認会計士(U.S. CPA)と名刺に書けるのがかっこよかった(笑)
・女の子にモテます(多分)

 

USCPAを持っていない時は、会社の飲み会で延々と説教を受けていて(営業だと飲み会中に4〜6時間説教とか普通にあります)、反発したら会社をクビにされるのではとビクビクしていたことも、資格を取得してからは「だからなんだクソ喰らえ!」状態になりました。

 

結局、上の人間は立場の弱い部下に対してしか偉そうなことを言えないんだなと、冷静な心で対処することも出来るようになりました。

 

後ろ盾の強さ(主に精神状況)は半端ないです。

 

逆に、USCPAを持っていない過去の自分が怖くなってきました。

 

ゲームで例えると、武器は持ってるけど鎧も盾も装備せずに冒険している状態と同じです。

 

また、箔がついたこともあり、社内で面白い仕事も回ってくるようになりました。

 

お金と時間を多く消費してしまいましたが、れ以上の見返りがあった資格だと思っています。

 

おすすめの予備校

USCPA取得のために予備校を利用される場合、おすすめはアビタスAbitus)です。

 

定期的にアビタスにて、無料でUSCPAの説明会が開催されています。

オンライン説明会(Webinar)となります。

 

説明会に参加するのは無料ですので、独学の方も説明会を受講されることを強くおすすめします。

 

ここで動かなければ、恐らく今と同じ生活から一生抜け出すことはできません。

1日くらい休日の数時間を潰して説明会に参加してみて下さい。

 

仮に興味がなかったとしても、その行動力はどこかで意味のあるものとなってきます。

 

私は説明会を受講したその日に申し込みを行いました。

 

2、3年後を考えたときに、

「あの時から勉強していれば、今頃はUSCPAになれていたのに。。。今も社内で同じ仕事。」

「同期は海外駐在でワールドワイドな仕事をしているのに、自分は未だにここで何しているんだ。。。」

後悔している自分が想像できてしまい、悔しさと虚しさがこみ上げてきたからです。

 

結果、あの時説明会に足を運んでいて良かったと今でも思います。

人生が変わった瞬間で、視野が急に大きくなった感覚がありました。

 

逆に説明会を聞いた後に申し込みをしていなければ、ただUSCPAの未来を想像しただけで、気持ちは大きくなっているが何も習得していない、いわゆるただの意識高い系男子になっていただけだったでしょう。

 

 

 

「自分は地方だから通えない」、「近くにアビタスがないから他の予備校を考えよう」と思っている方は特に注意してください。

アビタスはUSCPAの合格実績がNo.1です。

 

 

近くにないという理由で予備校を変更することは命取りになります。

 

 

他社の教材は難しすぎて、1科目目を受験すらせずに挫折する可能性が十分考えられます。(逆に言えば、ふるい落としで残った受験者は非常に優秀)

 

USCPA受験に必要な単位を取得するのに、アビタスは自宅のPCで教材を見ながら簡単に取得できますが、他社の場合はテストセンターに20回以上も通わなければならず、教材を見ずに受験しなければならないと、ハードルがかなり高い可能性があります。

 

USCPAの勉強は基本的に自分のパソコンのE-Learningで行うことが多いです(私はE-learningのみで合格しました)。

つまり、アビタスは自宅の場所がどこにあろうと関係ありません。

 

よく考えてから予備校を選びましょう。

 

どうしても説明会に参加出来ない方は、資料請求をすることもできます。

説明会の参加と資料の請求等は共に以下のボタンから可能です。

 

なお、アビタスは説明会、資料請求は無料ですので、気軽に申し込みが可能です(1分)。

他の予備校と比較することが可能なので、この機に申し込んでおきましょう。

 

ここで動かなければこの先何も変わりません。

 

説明会に参加すれば、USCPAに関するお得な本(1,000円相当)がプレゼントされる場合もあります。(ご確認下さい)

※以下のリンクをクリックすればセミナー申込み/資料請求が可能です

 

 

 

 

最後に

ベクター 選抜

いかがでしたでしょうか?

 

USCPAの勉強を始めると、長い孤独なマラソンが始まります。

 

途中で辛いと思い、投げ出したくなる時もあると思います。

 

そういう時は思い切って1、2週間勉強しないということもありです。

 

1週間勉強しないと、さすがに自分が焦ってきてしまいますし、逆に勉強欲が増してくるものです。

 

休憩をうまくしながら、このUSCPAの勉強と向き合って行ってみましょう。

 

 

アビタスにはやる気のある人が自習室にきているので、その人数や集中力を見にたまには自習室に行くのも良いと思います。

(地方の人も一度は行ってみてください。良い刺激が貰えますよ)

 

この記事でUSCPAの勉強のやる気を出してくれる人がいれば幸いです。

 

USCPAに強い転職サイト・転職エージェント5選(30代・40代OK)

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

 

✔︎1回最短3分から!スキマ時間でできる英会話レッスン

✔︎スマホ/PCでリスニングからスピーキングまで全て集約

✔︎ディクテーションや発話トレーニングなど本格的なトレーニング

 

 


Universal Speaking

 

✔︎日本ではまだ少ないIELTS対策コースを用意!

✔︎1日の受講制限がないため、短期集中レッスンも可能!

✔︎目的に合わせてレッスンを行える!