【USCPA】簿記1級よりUSCPA挑戦へ!(簿記2級合格者向け)

ecoslymeです。

 

簿記2級合格された方。合格おめでとうございます。

 

皆さんはどうして簿記2級を取りましたか?

とりあえず会社から取れと言われたから取ったのでしょうか?

 

また、簿記2級を取ってから、

「簿記2級合格したから当面は勉強しない」

「次は簿記1級にチャレンジしたい」

と、考えは様々かと思います。

 

せっかく簿記2級に合格したのに、それで終わりってもったいないです。

 

簿記2級があれば転職できる!

などと考えられている社会人は少ないと思います(学生は別)が、そのやる気をそのまま継続させてみませんか?

 

商社であれば、経理でなく営業でさえ持っていても珍しくない資格です。

社会人8年目以降(30歳くらい)だとしたら、それほど重宝されることはないでしょう。

 

財務経理を経験していて、中小企業や零細企業への転職を狙っているというのであれば十分重宝はされる資格かと思いますが、どうせなら高みを目指しませんか?

 

社会人や学生でも日々の仕事や作業に追われながら資格を取得できたわけです。

 

おそらく3ヶ月〜半年はかかったのではないでしょうか。

努力する才能があるということです。

 

そこで、そんな皆様へ私がオススメしたいのは、簿記1級よりもUSCPA米国公認会計士)です。

 

この記事では、USCPAとはどのようかとご紹介するとともに、オススメする理由もご紹介させて頂きたいと思います。

 

USCPA(米国公認会計士)とは何か

 

USCPAとは、U.S. Certified Public Accountantの略で、米国公認会計士です。

 

詳しくは、以下の記事にまとめています。

関連記事

ecoslymeと申します。 社会人にとって何か良いおすすめの資格はないか、とネットを調べてみると最近よく目にするこの名前。USCPAとは一体何なのか気になる方も中にはいらっしゃるかと思います。&n[…]

 

USCPAをおすすめする理由

USCPAは英語力と会計の能力が問われます。

 

社会人の新ビジネス3種の神器と言われているのが、英語IT会計と言われています。

 

このうち、英語と会計を一気に取得することができます。

また、IT についての問題もありますので、実質的には3種の神器全てを兼ね揃えた資格と言えるでしょう。

 

資格取得に要する勉強時間1,500時間〜2,000時間です。(簿記1級は800時間程度です)

おおよそ1年半〜2年間かかる想定です。

 

私が予備校のアビタスに通いながら実際にかかった時間は以下の記事で紹介しています。

関連記事

ecoslymeです。 このページでは、USCPA(米国公認会計士)の資格をするのに必要な勉強時間について、私の経験を元に公開させて頂きます。学生や社会人になって時間がないため、これから勉強しようと考えてい[…]

 

これは日本の公認会計士と比べて、1/2〜2/3程の勉強時間となるため、社会人でも頑張れば何とか取れる資格なのです。

それ程のレベルであれば、社会人として非常に評価されてもおかしくないというのは納得できるでしょう。

 

一部の方でUSCPAは簡単だということを言っている人たちがいますが、鵜呑みにしないで下さい

その人たちは受験していません。(予備校が作り上げた)イメージで言っているだけです。

 

簡単だから価値のない資格だろうというのは誤りで、実際は難易度の高い資格で非常に価値のあるコスパ最強の資格と考えられます。

 

私が感じた難易度について記事をまとめていますので、こちらもご確認下さい。

 

USCPAと簿記1級の違いについて

難易度としては簿記1級の科目の方が難しい(詳しい部分を聞かれる)と思います。

 

USCPAは4科目ありますが、そのうちの2科目が簿記1級の範囲の部分でしょう。

USCPAのその2科目の内容のレベルとしては、簿記1.5級といったイメージです。(もちろん問題は全部英語です)

 

簿記1級は1年に2回しか受験ができませんが、USCPAは1ターム3ヶ月間のうち20日間だけ受けられない日があるというだけで、USCPAは1年で280日くらいは好きな日程で受験できるという柔軟さがあります。

 

社会人に取って、受験日を好きに選べるというメリットは非常に大きいでしょう。

失敗してもUSCPAであれば同じ科目は1年に4回受験できます。

 

費用に関しては、USCPAの方が圧倒的に高いです。

予備校代(アビタス)と含めて約140万円かかりました。

 

簿記1級であれば、せいぜい10万〜20万円でしょう。

 

USCPAは4科目あると冒頭で述べましたが、どのようなものなのか以下の記事を見て頂ければと思います。

関連記事

ecoslymeです。 USCPAと名前は聞くけど、具体的にどんな科目を受験しなければならないの? 簿記だけで良いの? 他にも科目はあるの?難易度の高さはどれくらいなの? 色々と疑[…]

 

USCPAと簿記1級の将来性について

簿記1級とUSCPAでは将来性が全然違います。

 

簿記1級であれば、国内では通用するでしょう。

 

ですが、経理や財務などの経験がなければただの頭でっかちとなってしまい、転職にとても有利になるわけではないと思います。

実務とセットで取得して価値のある資格です。

 

一方USCPAであれば、財務経理未経験でも資格さえ取得していれば、営業からでも監査法人等へ転職することができ、年収1,000万円も余裕で狙えるポジションへ行くことが可能です。

 

今後グローバル化が進むにつれて、日系企業が海外展開していくことが考えられますが、その際に非常に評価される資格です。

 

米国公認会計士と書いていますが、実は国際相互承認制度があり、アメリカ以外の国(カナダ、メキシコなど多数)でもライセンスをトランスファー(移管)することができます。

 

恐らく今後色々な国で適用されるのではと、私は考えています。

 

以下の記事を読めば、USCPAがいかに絶対的な資格なのかと分かると思います。

関連記事

ecoslymeです。 学生の頃、特に何も考えずに就活して会社に入って営業として働いて今に至るけど、今更になってキャリアジェンジしたいと考えている人はいませんか? 社会人として会社で過ごし[…]

 

USCPAと簿記1級の比較

さて上記で述べたことについて、比較てまとめます。

 

項目USCPA簿記1級
勉強時間
  • 1,500〜2,000時間(1年〜2年間)
  • 800時間(半年〜1年)
難易度
  • 2科目は簿記1.5級レベル(しかし全て英語)
  • 残り2科目は比較不可
  • 総合的に見て難易度は非常に高い
  • 高い(細かいところまで聞かれる)
英語力
  • TOEICで700〜800が最低ライン
  • 不要
受験の柔軟性
  • 自分の好きな日程でほぼ決定できる
  • 同じ科目は1年で4回受験可能
  • 年2回
費用
  • 約140万円
  • 10万円〜20万円
独学
  • ほぼ不可
  • 頑張れば可能
将来性
  • 非常に有望
  • 海外進出可能(グローバル化に対応できる)
  • 資格のトランスファー範囲が世界中で拡大していく可能性あり
  • 新社会人の三種の神器(英語・IT・会計)を取得できる
  • 実務経験がなくても監査法人等へ転職可能で、年収1,000万円も余裕に狙える
  • 国内でのみ評価される
  • 実務経験がなければ評価されない

 

USCPAが圧倒的にメリットありそうですね。

その分、努力量や投資は半端ないかと思います。

 

巷では合格率50%という数字のマジックがありますが、実際は日本人は合格率約18%(Expire未経験では合格率約10%)であるため、難易度は高いです。

 

ですが、逆に言えばその分価値は高いということです。

 

合格率に関しては、以下の記事にまとめています。

関連記事

ecoslymeです。 ネットを調べると合格率50%の資格といったことが全面に押し出されていますが、本当にそうなのでしょうか?私が仕事をしつつアビタスに通いながら実際にUSCPAを受験してみて、そんなに合格率が高い[…]

 

USCPA取得を目指したい方へ

USCPA取得のために予備校を利用される場合、おすすめはアビタスAbitusです。

 

定期的にアビタスにて、無料でUSCPAの説明会が開催されています。

場所は、東京(八重洲、新宿、品川)、横浜、名古屋、京都、大阪となります。

 

説明会に参加するのは無料ですので、独学の方も説明会を受講されることを強くおすすめします。

 

ここで動かなければ、恐らく今と同じ生活から一生抜け出すことはできません。

1日くらい休日の数時間を潰して説明会に行ってみて下さい。

 

仮に興味がなかったとしても、その行動力はどこかで意味のあるものとなってきます。

 

私は説明会を受講したその日に申し込みを行いました。

 

2、3年後を考えたときに、

「あの時から勉強していれば、今頃はUSCPAになれていたのに。。。今も社内で同じ仕事。」

「同期は海外駐在でワールドワイドな仕事をしているのに、自分は未だにここで何しているんだ。。。」

後悔している自分が想像できてしまい、悔しさと虚しさがこみ上げてきたからです。

 

結果、あの時説明会に足を運んでいて良かったと今でも思います。

人生が変わった瞬間で、視野が急に大きくなった感覚がありました。

 

逆に説明会を聞いた後に申し込みをしていなければ、ただUSCPAの未来を想像しただけで、気持ちは大きくなっているが何も習得していない、いわゆるただの意識高い系男子になっていただけだったでしょう。

 

 

「自分は地方だから通えない」、「近くにアビタスがないから他の予備校を考えよう」と思っている方は特に注意してください。

アビタスはUSCPAの合格実績がNo.1です。

 

 

近くにないという理由で予備校を変更することは命取りになります。

 

 

他社の教材は難しすぎて、1科目目を受験すらせずに挫折する可能性が十分考えられます。(逆に言えば、ふるい落としで残った受験者は非常に優秀)

 

USCPA受験に必要な単位を取得するのに、アビタスは自宅のPCで教材を見ながら簡単に取得できます。

 

しかし、他社の場合はテストセンターに20回以上も通わなければならず、教材を見ずに受験しなければならないと、ハードルがかなり高い可能性があります。

 

USCPAの勉強は基本的に自分のパソコンのE-Learningで行うことが多いです(私はE-learningのみで合格しました)。

つまり、アビタスは自宅の場所がどこにあろうと関係ありません

 

よく考えてから予備校を選びましょう。

 

どうしても説明会に参加出来ない方は、資料請求をすることもできます。

説明会の参加と資料の請求等は共に以下から可能です。

 

なお、アビタスは説明会、資料請求は無料ですので、気軽に申し込みが可能です(1分)。

 

説明会に参加すれば、USCPAに関するお得な本(1,000円相当)がプレゼントされる場合もあります。(ご確認下さい)

※以下のボタンをクリックすると「セミナー申込み/資料請求」が出来ます

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

簿記2級の次にUSCPAに挑戦したいと思った方は、是非以下の記事もご覧ください。

オススメの予備校を書いています。

関連記事

ecoslymeです。 最近よく目にするUSCPA(米国公認会計士)。興味があって予備校に通いたい!でも、一体どこの予備校がいいの? そんな疑問を持っている方々が多いと思いますので[…]

 

また新しい挑戦をしても良いのではないでしょうか。

努力している時って、人生が楽しくなってきますよね

 

USCPAに強い転職サイト・転職エージェント5選(30代・40代OK)

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

Udemyは受講者数3,000万人の世界最大級オンライン学習プラットフォームです。

 

✔︎ みんなに内緒でエクセル技術力を大幅アップできる! 社内で人気者間違いなし!!

✔︎ E-Learningでいつでも、どこでも学べる! 行動格差を広げよう!!

✔︎ 人気コース、評価が一目で分かる! 気に入ったコースがすぐ選べる!!

 

※「検索」で学びたいコースを入力してくだい

スキルのフリマ【ココナラ】

ココナラはクリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできる、スキルのオンラインマーケットです。

 

✔︎ 自分の業務マクロ自動化を依頼できる! 内緒でプロに仕事を丸投げしよう!!

✔︎ 依頼から納品まで、全てネットで完結! 誰にもばれずに、あなたの評価アップ!!

✔︎ 制作サンプルやレビューで比較が簡単! ネットなのに信頼ある人に頼める!!

 

※「検索」で依頼したい業務を入力して下さい