【Tableau】東京都 最低生計費 試算調査結果(57P)を1Pにまとめてみた

ecoslymeです。

 

最近ちまたで話題の「東京都 最低生計費 試算調査結果」。

 

東京で生活するためには30代であれば月54万円必要という試算結果でした。

 

東京都民Aさん
東京で生活するのには本当に54万円も必要なの?内訳が見たい!
東京都民Bさん
元の資料が文字が多すぎて見づらい。。。もっと簡単にデータを見れないのかな?

 

元データが57ページもあり、正直文字が多すぎて何書いてあるか分からないと思った人も多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、TableauというBIツール(ビジネスインテリジェンスツール)を用いて、非常にわかりやすくデータを閲覧できるように、私が作成しました。

 

今後データの取り扱いが重要になってくる時代、このように複雑で大量なデータのビジュアル化は重要になってくると思ってます。

 

ブログは非常に面白いので、ブログに興味ある方は是非以下の記事もご覧になって頂ければと思います。

関連記事

ecoslymeです。 ブログを始めたいけれども何をすれば良いのか分からない、という人はぜひこの記事を最後まで読んでください。 困っている人ブログを始めたいけれども、設定が色々[…]

 

※当サイトは通常2カラムのレイアウト表示ですが、今回は表と図をみやすくするために1カラム表記(幅広いページ)のレイアウトにしています。

 

東京都 最低生計費 試算調査結果(Tableau)

ベクター お金

東京で「普通」の暮らしをするには、月54万円が必要という衝撃の調査結果がありました。

 

 

この結果だけではあまりピンとこない方も多いと思います。

 

そこで早速「東京都 最低生計費 試算調査結果(57ページ)」をビジュアル化したデータをご覧ください。

 

なお元データは私が調査結果を見ながら作成したので、一部数字のズレがありますが気になるほどではありません。

 

なお、元データの作成・クレンジングで4〜5時間ビジュアライズ化で30〜60分程の時間がかかっています。

 

表とグラフの表現で57ページの内容を1ページにまとめています。

 

以下の要因によって数字のズレが生じていますので、ご了承ください。
①元データのデータに誤りがある
②端数の処理

 

※スマホの方は画面を横にしてみて下さい。

  • <Tableau>東京都 最低生計費 試算調査結果
表の見方
上段   :見たいデータのフィルタをかける(選択後に「適用」ボタンを押すこと)
表    :「大項目」,「中項目」,「小分類」,「小項目」,「数字」で気になる箇所をクリック
円グラフ :気になる部分をクリックしてみましょう
数字にカーソルを当ててみましょう

 

最後に

ベクター 喜び

今回はノリでデータのビジュアライズ化を行ってきました。

 

今後、個人ブロガーがこのようにデータを見やすくすることで、他のブログと差をつけていくようになると思っています。

 

他にも面白そうなデータがあれば、データのビジュアライズ化をやっていこうと思います。

 

関連記事

ecoslymeです。 ブログを始めたいけれども何をすれば良いのか分からない、という人はぜひこの記事を最後まで読んでください。 困っている人ブログを始めたいけれども、設定が色々[…]

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

Udemyは受講者数3,000万人の世界最大級オンライン学習プラットフォームです。

 

✔︎ みんなに内緒でエクセル技術力を大幅アップできる! 社内で人気者間違いなし!!

✔︎ E-Learningでいつでも、どこでも学べる! 行動格差を広げよう!!

✔︎ 人気コース、評価が一目で分かる! 気に入ったコースがすぐ選べる!!

 

※「検索」で学びたいコースを入力してくだい

スキルのフリマ【ココナラ】

ココナラはクリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできる、スキルのオンラインマーケットです。

 

✔︎ 自分の業務マクロ自動化を依頼できる! 内緒でプロに仕事を丸投げしよう!!

✔︎ 依頼から納品まで、全てネットで完結! 誰にもばれずに、あなたの評価アップ!!

✔︎ 制作サンプルやレビューで比較が簡単! ネットなのに信頼ある人に頼める!!

 

※「検索」で依頼したい業務を入力して下さい