注目キーワード
  1. USCPA
  2. RPA
  3. Tableau

【Tableau】サーバー(Server)の概要を説明します

ecoslymeです。

 

BIツールとして非常に優秀なTableauタブロー)ですが、皆さんはご存知でしょうか。

エクセルなどのデータでは、2次元的にしかデータを見ることができませんが、Tableauでは多角的にデータを見ることができます。

 

同じデータにもかかわらず、Tableauではビジュアライズが上手くできるため、色や凡例の大きさ、フィルタ機能を駆使することでぱっと見で頭に入ってくる情報量がエクセルで見たときに比べ数倍になります。

 

Tableauには、Tableau Serverというものがあり一体どんな特徴があり、Tableau Serverを導入することでどのようなメリットがあるか分からない人も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、Tableau Serverの特徴や導入メリットについてご紹介させて頂きます。

 

Tableau Server(タブローサーバー)の特徴

 

それでは早速、Tableau Server(タブローサーバー)の概要を説明します。

 

Tableau Serverの必要性

Tableau Serverの必要性について簡単に述べます。

 

  • 個別の分析環境に共有、セキュリティ、ガバナンスの機能を追加したい場合に必要
  • Tableau Desktopユーザーごとに実施しているデータソース管理をサーバに集約したい場合に必要

 

PCだと分析が遅くなってしまうとか、重要な情報を間違って転送してしまうのを防ぎたいとか、外出先や出張先で見たいといった場合に役立ちます。

 

Tableau Serverで出来ること

次に、Tableau Serverで出来ることを紹介します。

 

  • ワークブックの共有
  • データソースの共有
  • コンテンツアクセス管理
  • DBとのライブ接続
  • 抽出ファイルの更新(1時間に1回など)
  • メール配信
  • SAML認証によるSSO化
  • ブラウザー・モバイルアプリからのアクセス

 

Tableau Serverは、サーバーをセットしてそこにインストールするイメージです。

 

  • 稼働環境:オンプレミスまたはIaaS
  • 管理主体:DNIT部門
  • カスタマイズがしやすい

 

Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Public Cloud

 

IaaSとは、ITインフラをインターネット経由でオンデマンドで提供するサービスのことです。

 

Tableau Serverの機能概要

Tableau Serverの機能概要についてご紹介します。

 

①共有機能

  • ウェブブラウザ―経由(Tableau Desktopのインストール不要)

 

  • 認証済みのデータソースの設定
    • 多数のデータソースの中から管理者が認証済みとしたデータが分か

 

  • モバイルアプリの利用
    • オフライン インタラクティブ プレビューが可能
    • 自動モバイルレイアウト+Webのモバイルレイアウトプレビュ
    • デスクトップ、タブレット、スマートフォン

 

  • メール配信(サブスクライブ)
    • 頻度などを設定できる(タスクスケジューラのようなもの)

 

  • カスタムビュー
    • フィルタをデフォルトで設定可能
    • コメントの付与が可能(@を付けるとメールを投げられる)

 

  • データ主導アラート
    • 売上達成したらメールを流すなど

 

  • バージョン(リビジョン)管理
    • 過去のバージョンまで戻せる(デフォルトで25世代)
    • 過去のバージョンもダウンロード、プレビューできる

 

 

②分析機能

  • Webで編集可能
  • Tableau Desktopで出来ることをWeb上でもできる(細かいところの機能は無いものがある)

 

 

③アクセス管理
  • ユーザーとグループによる管理
  • 階層構造
  • BI on BI
  • ビューへのアクセス量などが分かる
  • 認証、認可、データセキュリティ
    • AD(Active Directory)情報を引っ張ってこれる

 

Active Directoryとは、簡単に言うと社員の情報(社員番号、所属など)が一人一人入ったデータのことです。

 

  • Tableau Serverの管理構造

 

Tableauの比較的新しい機能

Tableauの比較的新しい機能についてご紹介します。

 

  • Tableau Onlineにてダッシュボードテンプレートを提供
    • Salesforce

 

  • Tableauダッシュボードの拡張機能
    • Extensions Gallery(他社が作成)

 

  • Ask Data
    • サジェスチョン形式で対話のようにデータが閲覧できる

 

  • Prep Conductor
    • データ準備:20%、分析80%
    • 様々なデータに接続可能
    • 可読性の高いフロー定義
    • Tableau Server上でデータを処理することも可能(件数が数百万件など多い時に便利)

 

  • Explain Data
    • グラフをクリックして、電球アイコンをクリックすると、勝手に分析してくれる
      • 例外値などを教えてくれる。その例外値を除外したデータも見せてくれる
      • 利益を押し下げている要因は割引率では?などの分析も勝手にしてくれる

 

  • Tableau Catalog
    • データとワークブックの関係が分かる
    • どのデータをどのワークシートで使っているか分かる

 

  • 14日間の無料トライアル版あり(Tableau Server / online)

 

無料トライアル版を試したい方は、Tableau社へお問い合わせ下さい。

 

Tableau Onlineの説明については割愛させて頂きますが、イメージとしては以下の感じになります。

 

Tableau Online

  • Tableauのサーバー
  • 稼働環境:SaaSクラウドサービス
  • 管理主体:Tableau
  • 管理等に人を割けない場合

 

最後に

皆さんの会社での資料作成や、会議はどのようなものでしょうか?

 

まだ従来の古い方法でやっているのではないでしょうか?

 

正直、この新しい技術の普及は若手が率先してボトムアップで行っていくしかありません

その後、効果が認められてトップダウンで全社展開を行えれば理想的です。

 

Tableauを利用すれば、今まで頑張って作成していた資料や、凝った資料を作る必要がなくなるかもしれません。

クリックすればデータが連動してフィルタされていき、ぱっと見の情報量が増えるため意思決定の時間も早くなります

 

是非、皆さんも今後の会議のあり方を見直し、最先端の技術を用いて意思決定のプロセス効率化して欲しいと願っています。

 

Tableauとはそもそもどんなシステム?と思われた方は、是非以下の記事もご覧ください。

関連記事

ecoslymeです。 皆さんは会社の会議の時、出てくる資料はどんな資料ですか?おそらく、パワーポイントでグラフや数字が書かれているものや、エクセルに数字が書かれていて図が挿入されているものが多いのではない[…]

 

 

<Udemy(ユーデミー) 超オススメのTableau 研修・講習リスト>

記事:【Tableau】Creator向けのおすすめ研修・講習【無料あり】

 

※リンクをクリックすると公式サイトへ移動します

データサイエンティストを目指す人のための『ゼロからの Tableau 入門』:

https://www.udemy.com/course/tableau-x/

Tableauを使いこなしたい分析者のための『ゼロからの Tableau Prep 入門』:

https://www.udemy.com/course/tableau-prep/

Tableau(タブロー)で実践!ビジネスユーザのためのデータ集計・視覚化・分析 基礎編:

https://www.udemy.com/course/tableau-ntt/

Tableau(タブロー)で実践!ビジネスユーザのためのデータ集計・視覚化・分析 応用編:

https://www.udemy.com/course/tableau-ntt2/

Udemy登録のおすすめ(Udemyへの登録がまだの人)

 

受講者数:4,000万人(2021年3月時点)

世界最大級のオンライン学習プラットフォーム。

※日本ではベネッセが事業パートナーとして協業

 

https://www.udemy.com/

※リンクをクリックするとUdemyの公式サイトへ移動します

転職を視野に入れている人は、以下の3社は必ず登録しておきましょう。

 

  • マイナビ IT AGENT:

エントリー マイナビIT AGENT

  • DODA(IT):

DODA(IT)に登録する

  • レバテックキャリア:

レバテックキャリア

※クリックで公式サイトへ移動します

 

 

(参考記事:BIツール(Tableau・Power BI等)のスキルで転職を考えている人へ

<機械学習エンジニア・データサイエンティスト限定>
データを扱える人材は価値が高い。
業界最多のAI・機械学習案件を保有。
腕に自信のあるフリーランスの方だけ、覗いて行ってください。
案件の一例

 

 

BIGDATA NAVIの公式サイトへ移動