【RPA】ロボットを活用できる人事関係の具体的な業務内容について

ecoslymeです。

 

RPARobotics Process Automation)のという言葉は聞くけれども、具体的にどんな業務に対してロボット化ができるの?

そんな疑問を持つ方もいると思います。

 

そこで、今回は業務のRPA化が一番期待されている人事部門での、RPA化が可能と思われる業務をまとめてみます。

自社の業務でRPA化出来るものはないか確認してみましょう。

 

WinActorについて更に知りたい方は、参考書が出版されていますので購入されてみてはいかがでしょうか。理解が倍速で早まります

 

 

 

人事部門での具体的なRPA活用ができる業務内容

それでは早速、人事部門で具体的にRPAが活用できる業務内容をまとめます。

RPAとしては以下のような内容が得意であり、それらの作業を行う業務が洗い出されていることになります。

 

  • 同じような業務を繰り返し行う反復作業
  • 明確な判断で仕分けられる作業内容
  • 単純な作業で長時間行われ、人が行うとミスが多く起こる業務
  • 毎回挙動の違うシステム(例:画面に書かれた文字(コピー不能)や絵の転機入力など)を利用しない業務

 

No.業務内容主な業務
1戦略人事KPI
2採用採用活動入社関連準備契約社員管理雇用契約関連
3教育・育成採用試験実施
4評価人事評価の実施案内・管理評価会議・評価調整評価結果反映
5人事異動人事情報更新
6退職退職関連書類処理
7身上異動家族情報処理住所変更情報処理申請ミスの確認
8勤怠勤怠情報収集勤怠情報管理年次有給休暇付与長時間労働者へのメール
9通勤関係通勤交通費の変更処理適正経路の確認定期券金額の確認記入漏れの確認
10報酬月例給与計算賞与計算年末調整
11休職休職情報処理
12福利厚生社宅管理慶弔・災害処理財形・持株
13システムシステム管理

 

最後に

 

今回は人事部門の業務内容についてまとめました。

会社によって同じ業務でも様々なやり方で作業している場合も多いと思います。

 

RPA化を検討する際に重要なのは、まず本当にRPA化をする必要があるのか、この業務をそもそもやらなくて良いのではないか、ということも改めて考えることです。

 

また、自社のやり方が他社に比べて非常に複雑となっている、と気づいたのならそのやり方を抜本的に変えてみることも検討してみてはいかがでしょうか。

 

自社の業務の客観視という新たな視点が生まれてきますよ

 

そして最終的にRPA化が必要となれば、ぜひRPA作成に取り掛かってみて下さい。

 

最初は面倒ですが、後々非常に効果を発揮してきます。

RPAは作成も面倒ですが、その後のメンテナンスも課題となってきます。

 

このメンテナンスを最小限にすること、RPAの作成でも無駄な動作はそもそも発生することを無くしてから始めるのがRPAマスターへの近道だと思います。

 

この記事が皆様の業務効率化にお役に立てれば非常に幸いです。