【エクセル】日付関係の一覧表! 数式をコピペしてご利用下さい

ecoslymeです。

 

日々の業務の中で、エクセルExcel)を使用して日付関係の数式が欲しいという事はありませんか?

 

エクセルを開いたら、本日の日付や昨日の日付、昨年度の日付自動的に表示されていれば便利なときが時々あります。

例えば、RPARobotics Process Automation)を用いて業務を自動化するときにも使えますし、スケジュール表などにも使えます。

 

この記事では、そんな方々のために日付関係の一覧表を紹介させて頂きます。

 

そもそも、エクセルで日付の設定方法が分からないという方も必見です。

この機会に、必要のない更新作業を削減していきましょう。

 

エクセルの日付関係の一覧表

早速、エクセルの日付関係の一覧表をご覧ください。

便利なものはエクセルにコピペして保存しておくと良いと思います。

 

下の表に欲しい日付があれば、更に下の表から数式をコピーして貰ればと思います。

 

日付関係 一覧表

 

数式を以下の表へ記載しますので、コピペしてご使用ください。

なお、数式としてはこの限りではありませんので他に良い数式があればそちらをご利用頂いてももちろん良いです。

 

上手く数式が貼りつかない場合は、「」の部分を小文字で再度打ち直してください。(数式の一番最後の「”」のみの修正でOKです)

また、「(マイナス)」の部分も同様に小文字で再度打ち直してください。

 

項目数式
今年度2019=YEAR(EDATE(TODAY(),-3))
今月9=MONTH(NOW())
09=TEXT(TODAY(),”mm”)
09=JIS(TEXT(TODAY(),”mm”))
今日1=DAY(NOW())
01=TEXT(TODAY(),”dd”)
01=JIS(TEXT(TODAY(),”dd”))
前年度2018=YEAR(EDATE(TODAY(),-15))
来年度2020=YEAR(EDATE(TODAY(), 9))
先月8=MONTH(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1))
08=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1),”mm”)
08=JIS(TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1),”mm”))
翌月10=MONTH(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1))
10=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1),”mm”)
10=JIS(TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1),”mm”))
今日2019/09/01=TEXT(TODAY(),”yyyy/mm/dd”)
2019/9/1=TODAY()
20190901=TEXT(TODAY(),”yyyymmdd”)
今年度初月2019/04=YEAR(EDATE(TODAY(),-3))&”/04″
2019/4=YEAR(EDATE(TODAY(),-3))&”/4″
201904=YEAR(EDATE(TODAY(),-3))&”04″
今年度初月初日2019/04/01=YEAR(EDATE(TODAY(),-3))&”/04/01″
2019/4/1=YEAR(EDATE(TODAY(),-3))&”/4/1″
20190401=YEAR(EDATE(TODAY(),-3))&”0401″
今月2019/09=TEXT(TODAY(),”yyyy/mm”)
2019/9=YEAR(EDATE(TODAY(),-3))&”/”&MONTH(NOW())
201909=TEXT(TODAY(),”yyyymm”)
今月の初日2019/09/01=TEXT(TODAY(),”yyyy/mm”)&”01″
2019/9/1=DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY()), 1)
20190901=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY()), 1),”yyyymmdd”)
今月の末日2019/09/30=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 0),”yyyy/mm/dd”)
2019/9/30=DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 0)
20190930=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 0),”yyyymmdd”)
先月2019/08=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1),”yyyy/mm”)
2019/8=YEAR(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1)) &”/”&MONTH(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1))
201908=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1),”yyyymm”)
先月の初日2019/08/01=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1),”yyyy/mm/dd”)
2019/8/1=DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1)
20190801=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())-1, 1),”yyyymmdd”)
先月の末日2019/08/31=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY()), 0),”yyyy/mm/dd”)
2019/8/31=DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY()), 0)
20190831=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY()), 0),”yyyymmdd”)
翌月2019/10=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1),”yyyy/mm”)
2019/10=YEAR(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1)) & “/” &MONTH(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1))
201910=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1),”yyyymm”)
翌月の初日2019/10/01=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1),”yyyy/mm/dd”)
2019/10/1=DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1)
20191001=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+1, 1),”yyyymmdd”)
翌月の末日2019/10/31=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+2, 0),”yyyy/mm/dd”)
2019/10/31=DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+2, 0)
20191031=TEXT(DATE(YEAR(TODAY()), MONTH(TODAY())+2, 0),”yyyymmdd”)

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

 

自分の好きな日付をエクセルに設定し、見やすいエクセルにしていきましょう。

 

また、こういった仕事とは本質的ではない作業はどんどん効率化してしまいましょう。

エクセルの便利な機能を覚えて、是非無駄な作業削減していきましょう。