【RPA】WinActor導入中のPCを新PCに入れ替える時の注意点

ecoslymeです。

 

RPAWinActor)を導入後、定期的に利用しているPC(パソコン)を新しいPCに入れ替える場面も出てくることでしょう。

 

もしくは、WinActorを導入しているPCが故障してしまい、PCを修理に出したり、新しくPCを購入・レンタルする必要が生じてくる場合もあります。

 

困っている人
RPA(WinActor)を利用しているPCが故障してしまったから、新しいPCに入れ替えたいけど、何も考えずに入れ替えてしまって大丈夫なの?

 

この記事では、RPA(WinActor)が導入されているPCを新しいPCに入れ替える際に、私が気になったポイントをまとめてご紹介します。

 

ご自分で利用されているPCにも共通する部分が多くあると思いますので、是非最後までご覧ください。

 

 

WinActorについて更に知りたい方は、以下の参考書の購入をオススメします。理解が倍速で早まります

 

ベクター RPA

RPA(WinActor)利用中のPCを入れ替える際の注意点

RPA(WinActor)を導入して時間が経ちPCも古くなってきてしまったため、PCの保証が切れてしまいそう。

 

また、何らかの原因でPCが故障してしまった時、PCを新しいPCに入れ替える必要が出てきます。

 

RPA(WinActor)を利用しているPCを別のPCに入れ替える際に、注意してほしい点をまとめてご紹介します。

 

RPA(WinActor)のPC入れ替えを実施するにあたり

RPAのPC入れ替えを実施するにあたり、まずはどの部署・人が対応してくれるかを確認しましょう。

 

  • PC入替チェックポイント
・PC入れ替えの対応をしてくれる人の把握
・PC入れ替えの周知(RPA担当者や関係者へ日程連絡)
移行対象データの確認

 

新PCへの移行を別の人(部署)が対応してくれる場合、移行対象データについて確認しましょう。

 

  • 移行対象データの確認

・デスクトップ
・My Documents
・MS-IME辞書(文字入力がスムーズに)
・お気に入りデータ(Internet Explorer、Google Chromeなど)
・メーラー(Outlookなど)のフォルダ、アドレス帳関係
・Dドライブ
・利用システム(特に社内の基幹システム
・利用システムのお気に入り、ショートカット機能
タスクスケジューラ

 

タスクスケジューラは非常に重要です。

 

RPAで自動化を行っているPCは、タスクスケジューラでRPAシナリオのショートカットを起動している場合が多いです。

 

そのため、RPAのショートカット起動機能を利用しているシナリオが多いほど、忘れてはいけない移行対象データです。

 

なお、タスクスケジューラで利用するWinActorのショートカット起動&終了のURLは新PCへの移管後も生きていますので、URLを変更することなくタスクスケジューラを利用できます。

 

  •  必要な情報の確認
・PCを開く際のパスワード
・メーラーで利用しているID
・自分でインストールしたソフトの再インストール可否

 

特にIDに関しては、入れ替え前のPCと同じIDをオススメします。

 

会社で利用している場合、権限設定をしている場合がある思います。

 

IDが変更してしまうと、利用できなくなるシステムが生じたり、一から権限申請をしなければならない可能性があります。

 

メーラー(Outlookなど)でも、過去のメールが残らなくなってしまう可能性があります。

 

有料ソフトのライセンス引継ぎ

有料で購入したソフト(動画編集ソフトなど)のライセンスが引き継げるかの確認もしてください。

 

私の記事で紹介している動画編集ソフトの「Filmora 9」に関しては、ライセンスが引き継げます(Windows ⇆ Mac はNG)。

 

 

パソコンを買い換えて新しいPCで使用したい(Filmora 9)

 

WinActorのライセンス移管手続き

PCを入れ替える前に、WinActorのライセンス移管手続きを必ず行っていなければなりません。

 

以下の URLから、ライセンス移管手続きを行うことができます。

この部分は、取引しているベンダーへご確認ください。

 

【ライセンス移管手続き】(NTTデータ)

https://license.winactor.biz/inquiry/winactor-user-license-ikan/

 

ライセンス移管手続きの内容

ライセンス移管手続きについて簡単に流れを説明します。

 

古いPCのライセンスを削除して、新しいPCに登録する必要があります。

 

  • ライセンス移管手続きの流れ

・入替前の旧PCで以下の操作を行う
 ✓WinActorの製品IDの出力
 ✓WinActorの製品IDのクリア、クリア証明書の出力

・入替後の新PCで以下の操作を行う
 ✓WinActorの製品IDの出力

・ライセンスを発行して貰った後、入替後の新PCでライセンス登録を行う

 

PC入替後に確認すべきこと

上記で説明したPCの入れ替えが完了したら、まずは以下のことを確認し、出来てなければ実行しましょう。

 

  • PC入替後の確認事項
・PCのスリープモードの解除
 ✓Windows画面左下の検索(虫眼鏡)から、「電源とスリープ」で画面とスリープの設定を「なし」に変更
 ✓「スクリーンセーバー」を「なし」に設定する。「再開時にログオン画面に戻る」のチェックを外す

・「リモートデスクトップ接続」で、「リモートデスクトップを有効にする」をオンにする

 

入替後の新PCでスリープモードの解除をしないと、RPAを利用しているPCの画面がずっと起動したままにならないため、画面がログアウトしてしまいます。

 

タスクスケジューラで何かシナリオを起動する予定であれば、そのシナリオが起動しません。

 

また、リモートデスクトップ接続を有効にしておけば、社外からもアクセスが可能になる場合があります。(社内のセキュリティによりますが)

 

在宅勤務が増えてきているこの時代、とても有用で重要な機能です。

 

【まとめ】RPA利用のPC入れ替えのポイント

それでは最後に、RPA(WinActor)を導入しているPC入れ替えのポイントをまとめます。

 

  • RPA PC入替のポイント
・PCの入れ替えをRPA担当者へ周知する
・移行対象のデータを確認する
・ブラウザや各システムにお気に入りデータがないか確認する
・WinActorのライセンス移管手続きを実施する
・有料ソフトなどのライセンス移管手続きを実施する
・入替後のPCでタスクスケジューラが機能するか確認する
・入替後のPCでスリープモードの解除、リモートデスクトップの設定を行う

 

新しいPCでRPAを稼働させた方が、PCの保証があったりメモリも増量されているなどのこともあり、RPA稼働がスムーズになります。

 

新しい取り組みでRPAを実行しているのに、古いPCに固執してしまっているのはハタから見て格好悪いですよ。

 

RPAエンジニアへの転職について

RPAエンジニアへの転職についてご興味がある方は、以下の記事をご覧下さい。

 

IT業界未経験も事務作業の業務知識を持っている方が、RPAエンジニアとして転職する例は少なくありません。

 

IT業界にしかいない人よりも事務作業の業務フローの理解度が高く本質的な事務作業の効率化方法を分かっているため、市場価値が高いと考えられます。

 

自分の市場価値をこの機会に調べてみませんか?

 

関連記事

ecoslymeです。 最近急激に注目され始めているRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)。 IT業界でもその地位は上がってきているのではないでしょうか。 […]

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

PCが壊れてしまったけれども、PCを新しくしてしまうと何か不具合が起こりそうで怖いためPCの入れ替えが出来ないと思っている方は、この記事を参考にして実施してもらえればと思います。

 

いつかはPCの入れ替えをしなければならない時期がやってきます。

 

早い段階でPCの入れ替えを経験しておき、新しい性能の良いPCで実行できるように頑張ってみましょう。

 

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

Udemyは受講者数3,000万人の世界最大級オンライン学習プラットフォームです。

 

✔︎ みんなに内緒でエクセル技術力を大幅アップできる! 社内で人気者間違いなし!!

✔︎ E-Learningでいつでも、どこでも学べる! 行動格差を広げよう!!

✔︎ 人気コース、評価が一目で分かる! 気に入ったコースがすぐ選べる!!

 

※「検索」で学びたいコースを入力してくだい

スキルのフリマ【ココナラ】

ココナラはクリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできる、スキルのオンラインマーケットです。

 

✔︎ 自分の業務マクロ自動化を依頼できる! 内緒でプロに仕事を丸投げしよう!!

✔︎ 依頼から納品まで、全てネットで完結! 誰にもばれずに、あなたの評価アップ!!

✔︎ 制作サンプルやレビューで比較が簡単! ネットなのに信頼ある人に頼める!!

 

※「検索」で依頼したい業務を入力して下さい