【BPR】業務改革とは何か? 概要について説明します

ecoslymeです。

 

働き方改革が求められているこの時代、業務の抜本的な改革が必要になっています。

 

一般社員
BPRという言葉を社内で聞くようになったけど、一体なんなの?
丸の内OL
業務改革っていうけど、今までやってきた業務改善とは違うの?

社内やWebセミナーなどの案内でも時々聞くようになったBPRという言葉ですが、一体どのようなものなのでしょうか?

 

BPRという言葉を知っている人も知らない人もこの記事を読んで、BPRについての正しい知識を身に付けましょう。

 

BPRとは何か?

BPRとは、ビジネス・プロセス・リエンジニアリング(Business Process Reengineering)の頭文字をとって略しています。

 

日本語では「業務改革」や「業務再設計」と訳されており、企業改革の代表的な手法の一つです。

 

最近BPRという言葉を聞く機会が多くなったように思いますが、実は1993年のマイケル・ハマー(元MIT教授)とジェイムズ・チャンピー(経営コンサルタント)の「リエンジニアリング革命」が元だと言われています。

 

 

本の中では、リエンジニアリングの定義は以下のように記されています。

 

・コスト、品質、サービス、スピードのような、重大で現代的なパフォーマンス基準を劇的に改善するために、ビジネス・プロセスを 根本的に考え直し、抜本的にデザインし直すこと

 

このリエンジニアリングの定義には、「根本的」、「抜本的」、「劇的」、「プロセス」という 4 つのキーワードがあるとしています。

 

  • リエンジニアリングの4つのキーワード

①根本的  :なぜ現在それを行っているのか、そしてなぜそれを今の方法で行っているのか、といった根本的な質問をすること

②抜本的  :表面的な変革を行ったり、既存のものに手を加えたりすることではなく、古いものを捨ててしまうこと

③劇的   :業績において小さな改善や漸進的な改善を行うことではなく、大飛躍を達成すること

④プロセス :ビジネス・プロセスを、1つ以上のことをインプットして、顧客に対して価値のあるアウトプットを生み出す行動の集合

 

過去に、様々な企業で業務の細分化や業務の専門化が行われてきましたが、それによりプロセスが複雑化してしまい、不便になったり非効率でコストがかかってしまうようになりました。

 

BPRでは、逆にビジネス・プロセスの単純化が必要としています。

 

BPRがもたらす利益

ベクター 航海

BPRを行うとどのような利益がもたらされるのでしょうか?

 

BPRがもたらす結果として、以下の9つ特徴があげられます。

 

  • BPR実施後のビジネス・プロセス
①以前にはそれぞれ別々に分かれていた仕事や業務が統合され、1 つにまとめられる
②従業員による意思決定
③ラインによる人為的な仕事の流れではなく、何の次に何が行われるべきか、という観点からの必然的で自然な仕事の流れ
④標準化をやめ、異なる市場、状況、インプットに合わせた複数のパターンのプロセス
⑤仕事が組織の壁を越えて行われること
⑥チェック回数を減らし、経済的に意味があるときのみ管理を行うこと
⑦プロセスに必要な外部との取引の接点の数を減らすこと
⑧依然として複雑なプロセスと顧客との緩衝材としての「ケース・マネジャー」の存在
⑨仕事の分権化集権化の組み合わせ

 

BPRのステップ

ベクター ロケット1

BPRの一般的なステップ(進め方)についてご紹介します。

 

特に、検討段階の目的・目標の設定 ()、分析段階の分析・課題の把握()、設計段階の戦略・方針の策定、実施方法の検討()が重要なので、十分に時間をかけて考える必要があります。

 

 

目標の設定(①)に関しては、定性目標だけでなく定量目標も指標として利用するとなると、指標探しが非常に難しいです。

 

BPR実施の事例

BPR実施の事例をご紹介します。

 

「取組例」の文字をクリックすると該当ページへ移動します。

 

業態取組例BPRの効果
製造業組織改革・シェアードサービスコスト50%削減

 

最後に

ベクター 選抜

いかがでしたでしょうか?

 

部分最適や、一時凌ぎの業務改善ではあまり効果は出ないことは目に見えて分かります。

 

今後も続けれられるような仕組みまでアウトプットとして出さなければ、本当の業務改革にはなりません。

 

プロジェクトに関わっている従業員も、BPRのプロジェクトに関わることで享受するメリットなども肌身で感じてくるはずです。

 

根本的に業務が改善されて、自分の仕事が非常に楽になる!と思う人も出てくるでしょう。

 

もし会社でBPRプロジェクトが行われている場合、積極的に参加してみるのはいかがでしょうか?

 

面白い世界が待っているかも知れませんよ。

 

今後、BPRで成功した企業の例を紹介していきたいと思います。

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

Udemyは受講者数3,000万人の世界最大級オンライン学習プラットフォームです。

 

✔︎ みんなに内緒でエクセル技術力を大幅アップできる! 社内で人気者間違いなし!!

✔︎ E-Learningでいつでも、どこでも学べる! 行動格差を広げよう!!

✔︎ 人気コース、評価が一目で分かる! 気に入ったコースがすぐ選べる!!

 

※「検索」で学びたいコースを入力してくだい

スキルのフリマ【ココナラ】

ココナラはクリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできる、スキルのオンラインマーケットです。

 

✔︎ 自分の業務マクロ自動化を依頼できる! 内緒でプロに仕事を丸投げしよう!!

✔︎ 依頼から納品まで、全てネットで完結! 誰にもばれずに、あなたの評価アップ!!

✔︎ 制作サンプルやレビューで比較が簡単! ネットなのに信頼ある人に頼める!!

 

※「検索」で依頼したい業務を入力して下さい