【USCPA】未経験でも営業から経理系へ転職可能!?人生変える資格

ecoslymeです。

学生の頃、特に何も考えずに就活して会社に入って営業として働いて今に至るけど、今更になってキャリアジェンジしたいと考えている人はいませんか?

 

社会人として会社で過ごしているうちに、経理財務などの管理部門の仕事に興味が湧いてきたとか、営業では体力が持たないからもう嫌だとか、人によってその考えはポジティブであれ、ネガティブであれ、キャリアチェンジをしたいと考える人は意外と多いのではないでしょうか。

 

私は営業管理部門の両方を経験しており、その両方の楽しさ辛さをこの身をもって体験してきました。

その両方についてこの記事でご紹介させて頂ければと思います。

 

また、本当に営業から管理部門へキャリアチェンジ転職)したいという方に、USCPA米国公認会計士)という人生を大きく変えることのできる資格をご紹介させて頂きたいと思います。

 

営業と管理部門の比較

 

早速ですが、営業と管理部門について、いくつかの切り口で比較していきたいと思います。

 

労働時間の違い

営業と管理部門の労働時間の違いですが、時期によるかと思います。

 

管理部門であれば、月次や期末の決算の締めの前後(月末、月初)は忙しくなります。

ですが、月中は比較的穏やかだと思います。

 

また、これは私の勝手なイメージですが、上場企業の会社となると決算の締めには絶対に間に合わせないといけませんので、一番の繁忙期のピークに合わせて人を雇います。

そのため繁忙期でない時期は労働時間が比較的短いため、全体としては労働時間は短いと思います。

(これは会社によると思います。月中がようやく定時くらいに帰れるような人数であれば、月末月初はいつも深夜まで残業というパターンもありえます)

 

逆に営業の場合、自分である程度忙しい時期を自分で調整することが可能ですが、急なお客さんのトラブルが発生し、夕方から対応しなくてはいけないこともあります。

また、海外を担当していてそれが欧米であれば下手したら時差が12時間ありますので、活動時間が昼夜逆転してしまう可能性があります。

中国を担当していれば年末年始は中国は稼働しているので仕事はきます。(逆に2月は中国が国慶節なので仕事が穏やかになります)

 

電車や飛行機などでの移動時間が長いため、資料をまとめるのは会社に帰ってきてからという人も多く、夜遅くまで働く人は多いです。

そのため、労働時間は営業の方が長いと考えます。

 

私の場合、営業時代は残業月30〜80時間でした(飲み会除く)。

管理部門の場合は、残業は月15〜45時間くらいです。

 

ストレスの違い

次に、営業と管理部門で感じるストレス具合について考えます。

 

どちらがストレスを感じるかですが、これはいうまでもなく営業です。

営業は数字が実績となるため、数字を達成しないと上司に死ぬほど詰められる可能性があります

 

B to C企業ほどではないと思います(証券会社や銀行の個人販売など)。

B to Bなので景気に左右されやすいのですが、数字が悪い場合はその理由を説明できれば良いと考える上司もいれば、じゃあこの足りない分はどうやって埋めるんだよ!? と詰めてくる人もいます。

 

ここで理不尽に感じる発言がとんでもないほど出てくるので、かなり精神的にはストレスが溜まるでしょう。

また、お客さんやメーカーからも理不尽な要求もありますし、休んでいる時や夜遅い時間にも携帯に電話がかかってくる可能性があります。

帰宅時間も日によって違うこともあり、このいつ帰れるか分からないというストレスは鬱の原因になるようです。

 

ですが、日中に会社におらず外に出れて比較的自由に行動できるというストレス発散も可能ですが、外回りで体力が消耗するという反面もあります。

 

管理部門は社内にいることが多いので、常に社内にいなければならないストレスや、常に上司に監視されていると感じるストレスがあります。

人によっては耐えられないという人もいるでしょう。

営業では1日中会社にいると息が詰まって辛い、と言う人が多いです。私もそう思っていました。(もう慣れました)

 

管理部門は常に社内にいるので、いわゆる常に何か仕事をしていなければなりません。

営業では電車で寝ることもできましたが、社内でそんなことはできません。眠い時に少し仮眠が取れないのは当初結構辛かったです。

 

逆に、突発的な事故のようなものが少ないので、基本的には自分の予想した時間に帰れます。

いつ帰れるかわからないというストレスに晒されることはあまりないです。

(時間が予測出来るだけで、早く帰れるという意味ではありませんが、退社時間が予測出来るだけでストレスは大幅に軽減されます)

 

仕事内容

仕事内容はどうかといえば、営業はルート営業と新規営業(投資案件含む)があると思いますが、自分の裁量で決められることが多いです。

そのため、自分のやりたいことが出来ることが多く主体的に動けると感じる場面は思います。

逆に自分のやりたいことがなければ、つまらないと思いますし、かなり辛いと思います。

 

他にも色々なところに行けるので、新鮮さは管理部門に比べると段違いでしょう。

最先端の技術の変化を身をもって楽しむことができます

 

逆に管理部門の場合、ルーティンの仕事が多い(決算業務など)ですし、相談案件が多いので主体的というよりは受動的な案件が多いです。

自分で仕事を作っていくことが苦手だけれども、与えられた仕事をこなしていくのがゲームみたいで好きという人は楽しいかもしれません。

(私は主体的に動いている開発のようなコンサルのような管理部門の仕事をしていますので、ちょっと特殊かも)

 

新鮮さは営業と比べると薄いでしょう。

 

飲み会の違い

営業と管理部門の飲み会の違いは大きいです。

 

営業は激しい飲み会が多いですが、管理部門は比較的穏やかな飲み会が多いです。

飲み会の時間は営業が圧倒的に長いです。

 

飲み会を残業時間と考えると、月100時間残業している人は全く珍しくないでしょう。

 

この違いは以下の記事に詳しく書いていますので、そちらをご覧下さい。

関連記事

ecoslymeです。学生の頃の飲み会って楽しかったですよね。大学生だとサークルでの飲み会が多いと思いますが、年の近い人たちとしかも共通の趣味を持った人たちとの飲み会なんで、話も盛り上がると思います。 […]

 

以上のことをまとめます。

比較項目営業管理部門
労働時間長い比較的短い
ストレス度合い非常に高い低い
飲み会激しい穏やか
自由度高い比較的低い
仕事内容主体的に動いていると感じる受動的なものが多い
新鮮さ新鮮なことが多い変化が少ない

 

キャリアチェンジが可能な資格 USCPA

ここで本題となります。

 

営業の方は一生営業、管理部門の方は営業にも管理にも行けるというイメージがあります。

営業は経験を積んでいないと管理部門に転職はできないと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

仮に転職出来たとしても、未経験だから年収はガタ落ち、、、もしくは転職先がめっちゃブラック企業、、、

 

実はそんなことはないんです!

 

このUSCPA米国公認会計士)という資格は人生を大きく変えるほどの資格です。

約2年間(早い人だと1年ちょっと)本気で頑張れば取得できる資格です。

 

そのため、私は最強にコスパの良い資格と考えています。

 

 

私は営業からたまたま管理部門へ社内で部署異動して、その後約2年間かけてこの資格を取得し、転職エージェントにちょっと強引に呼ばれて話を聞きに行ったことがあります。

 

全く経理も財務も経験していないにも関わらず、BIG4と呼ばれる監査法人(年収1,000万円は普通にいきます)であれば、最低でも2社は内定を貰えると言われています。

 

大学卒業後に数年働いていなかった人が、この資格を取って監査法人に内定を貰えたというほど絶対的な力を持った資格です。

 

逆にこの資格を取って、社内の管理部門に異動を考えることもできますし、選択肢の幅がかなり広がります

そんな夢のような資格です。(もちろん生半可な覚悟では取得できない資格です)

 

最後に

 

営業の働き方では体が持たないとか、管理部門に行って手に職を付けて将来はM&Aのような大きな案件に関わる機会を増やしたいとか、人によって考えて方は色々だと思います。

 

職種をもう変えることは出来ない、一生営業として生きていかなければならない、と仮に悲観的に考えていた方は是非この資格に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

新しい別の未来が見えてくるかもしれません。

またその勉強の過程で考え方も変わり、今の方が良いと気づくこともあるかもしれません。

 

何も変えようとせずにズルズルと生活しているより、変化を求めてみませんか?

 

 

USCPAについて詳しく知りたい方はまずは以下の記事からお読み下さい。

関連記事

ecoslymeと申します。社会人にとって何か良いおすすめの資格はないか、とネットを調べてみると最近よく目にするこの名前。USCPAとは一体何なのか気になる方も中にはいらっしゃるかと思います。 私の[…]

 

どのような転職先があるか気になる方は以下の記事へどうぞ。

関連記事

ecoslymeです。 USCPA(米国公認会計士)を取得したとしても、転職先ってあるの?USCPAを勉強するかどうか悩んでいる時や、USCPAの勉強中にそんな疑問を持つ人も出てくることでしょう。&[…]

 

転職に関して知りたいという方については以下の記事にまとめていますので、是非ご覧になって下さい。

関連記事

ecoslymeです。 コスパ最強との呼び声の高いUSCPA(米国公認会計士)。その所以は資格を取得すれば、転職のハードルが非常に下がるということ。 USCPAの資格をお持ちの方も[…]