注目キーワード
  1. USCPA
  2. RPA
  3. Tableau

【BATIC】国際会計検定とは何か?USCPAとの違いを紹介します。

ecoslymeです。

 

USCPAの勉強をしているときに、時々「BATIC」という単語を耳にすることがありますが、一体どのようなものなのか気になったことがある人もいるのではないでしょうか。

 

BATICは国際会計検定の訳です。

 

TOEICのように自分の英語×会計に関する知識を点数化する試験になります。

 

USCPA 勉強中の人
BATICって時々聞くけど何なの?
USCPAとは何か関係あるの…?
外資系経理を目指す人
私は英語と会計が出来るはずなんだけど、自己申告でしかない。。。
何か私の会計と英語の実力を見える化できるテストってないの?

 

BATICを受験することによってどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

例えばUSCPAを受験しようとしている人は、そもそもBATICを気にする必要があるのでしょうか?

 

そこでこの記事では、BATICとはどのようなものかUSCPAとの関係も交えてご紹介したいと思います。

 

USCPA受験者やUSCPA受験検討者は知識として知っておいて欲しいので、最後までご覧ください。

 

 

※クリックで公式サイトへ移動します

 

資料は紙媒体だけでなく電子媒体でも入手できます。
資料請求後、すぐに資料内容が閲覧可能です(資料へのURLリンクがアビタスからメールで送られてきます)。

BATIC(国際会計検定)とは何か

BATICとは、Bookkeeping and Accounting Test for International Communicationの頭文字を取ってきたもので、国際会計検定の略になります。

 

「バティック」と読みます。

 

BATICBookkeeping and Accounting Test for International Communication(国際会計検定

 

BATICは以下のような特徴があります。

 

  • BATICの特徴

東京商工会議所が主催(簿記検定の主催は、日本商工会議所と各地商工会議所)

・英語での会計処理能力を測る検定試験

・400点満点のスコア制

IFRS(国際会計基準)に沿って出題

 

つまり、簿記検定×TOEICのような試験と考えてもらうとわかりやすいと思います。

 

USCPA(米国公認会計士)の試験のように合否に価値があるわけではなく、スコアに価値がある検定です。

 

しかし主体は東京商工会議所なので、国際的な資格ではありません。

 

現時点では、あくまで評価される可能性があるのは日本にある企業(グローバル企業含む)や外資系企業であることに注意です。(それで十分でしょうが)

 

2021年から新制度となり、大きく内容が変わりました。
1000点満点の試験から400点満点の試験になり、Subject 2(国際会計理論)がなくなりました
国際会計検定ではなく、簿記を英語で受験する検定に変わったようなものです。

 

BATIC受験をおすすめする人

BATIC受験は、以下のような方にオススメです。

 

外資系企業への転職を考えている人

・海外展開をする企業でのグローバルな会計人材を目指している人

USCPAの受験を考えており、自分の今の実力を知りたい人

・浅く広く英語で会計を効率よく勉強したい人

 

BATIC(国際会計検定)の試験概要について

では、BATICはどのような試験なのでしょうか。

 

早速、BATICの試験概要について詳細にご紹介します。

 

  • 試験概要について

・試験方法

・出題範囲

・認定基準

・受験資格

・受験料

・申込期間・試験期間

 

試験方法

試験方法は以下のとおりです。

 

・多肢選択式(マークシート方式)および記述問題の2構成。

・出題はすべて英語

・制限時間:70分

・試験結果の合否ではなく、400点満点のスコア制で受験者全員に点数の認定を行う。

 

出題範囲

出題範囲は2021年の新方式になってから非常に大きく変わりました

 

従来の旧方式では、「Subject 1 英文簿記」と「Subject 2 国際会計理論」がありましたが、新方式では「Subject 1 英文簿記」のみになったと考えてもらって良いと思います。

 

言い方を変えると、BATIC(国際会計検定)とは言ってはいるものの、中身は簿記を英語で解くというようなものになりました。

 

新方式

新方式は以下の項目です。

 

満点:400点

制限時間:1時間10分

 

項目名(英語)項目名
Basic Concepts of Accounting and Bookkeeping会計と簿記の基本概念
Transactions and Journal Entries取引と仕訳
Journal and Ledger仕訳帳と元帳
Trial Balance試算表
Adjusting Entries決算修正仕訳
Accounting for Inventory and Cost of Sales棚卸資産と売上原価の会計処理
Worksheet and Closing Entries精算表と締切仕訳
Financial Statements財務諸表
Basic Assumptions and GAAP基本的な前提とGAAP
Financial Statement Analysis財務諸表分析
Internal Control内部統制
Cash Control現金管理
Accounting for Assets and Liabilities資産と負債の会計処理

 

旧方式

旧方式では以下の項目でした。

 

満点:400点(Subject 1)、600点(Subject 2)

制限時間:1時間30分(Subject 1)、2時間30分(Subject 2)

 

  • Subject 1(400点満点、90分)
項目名(英語)項目名
Accounts勘定科目
Debits and Credits借方と貸方
Journals仕訳帳
Ledger元帳
Sales Transactions売上取引
Purchase Transactions仕入取引
Cash Receipt Transactions入金取引
Cash Payment Transactions出金取引
Returns返品
Sales Discount割引
Notes手形
Interest Bearing Notes利子付手形
Columnar Cash Bookコラムナー現金出納帳(多桁式)
Petty Cash Book小口現金出納帳
Internal Control内部統制
Bank reconciliation銀行残高調整表
Controlling Accounts統括勘定
Schedule of Accounts Receivable and Accounts Payable売掛金明細及び買掛金明細
Preparation of The Trial Balance試算表の作成
Accounting Structure会計の構造
Recording Financial Transactions取引の記帳
Adjusting and Closing Entries決算修正仕訳
Reversing Entries再振替仕訳
Preparation of the Worksheet精算表の作成
Financial Statements財務諸表
Generally Accepted Accounting Principles一般に公正妥当と認められた会計原則
Financial Statement Analysis財務諸表分析

 

  • Subject 2(600点満点、150分)

※受験者の任意で受験可能(専門性が高い科目)

項目名(英語)項目名
International Financial Reporting Standards and its Conceptual FrameworkIFRSとその概念フレームワーク
Financial Statements財務諸表
Fair Value Measurement公正価値測定
Cash and Trade Receivables現金と売上債権
Inventories棚卸資産
Property, Plant, & Equipment有形固定資産
Intangible Assets無形資産
Impairment of Property, Plant and Equipment,and Intangible Assets有形固定資産および無形資産の減損
Accounting For Leasesリース会計
Financial Assets金融資産(デリバティブ)
Financial Liabilities金融負債(社債)
Provisions, Contingent Liabilities and Contingent Assets引当金、偶発負債及び偶発資産
Equity資本
Recognition of Revenue収益認識
Accounting For Employee Benefits従業員給付の会計
Income Taxes法人所得税・税効果会計
Statements of Cash Flowsキャッシュフロー計算書
Business Combination/Equity method & Consolidation企業結合および持分法と連結
Accounting for the Effective of Changes in Foreign Exchange Rates為替レートの変動の影響の会計処理
Accounting Policies, Changes in Accounting Estimates and Errors会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬
Earnings Per Share1株あたり利益
Interim Financial Reporting期中財務報告
Operating Segments事業セグメント

 

新方式になって大きく出題範囲が削られていることが分かります。

 

認定基準

認定基準についてご紹介します。

 

点数とレベル、称号の関係についてのまとめ表です。

 

新方式

レベル割合(点数)称号
初級50%(200点)Entry
中級80%(320点)Middle
上級90%(360点)Advanced

 

旧方式

レベル割合(点数)称号簿記レベル
称号なし(得点のみ)200点未満なし論外
ブックキーパー200点以上Book keeper簿記3級レベル
アカウンタント320点以上Accountant簿記3級レベル
アカウンティング マネージャー700点以上Accounting Manager簿記2級レベル
コントローラー880点以上Controller簿記1級レベル

 

専門性が高い「コントローラーレベル」と「アカウンディングマネジャーレベル」は、認定期間が3年で、期間満了ごとに課題提出等による更新が必要

 

最上位のコントローラーレベルであれば自慢できていた感じの称号でした。

 

受験資格

受験資格はゆるいです。

 

試験当日において、日本国内に居住している方であれば受験できます。

 

国籍、学歴、年齢は関係ありません。

 

受験料

受験料は5,500円(税込)と、比較的安価です。

 

申込期間・試験期間

BATICの試験は年に2回です。

 

2021年度の試験は以下の2つの日程(上半期と下半期)です。

 

試験回申込期間(2021年)試験期間(2021年)
BATIC(国際会計検定)第41回6月28日(月)~7月30日(金)7月14日(水)~8月6日(金)
第42回11月1日(月)~12月6日(月)11月15日(月)~12月13日(月)

 

最新年度の試験期間を知りたい人は、以下のURLから確認してください。

 

【BATIC】申込期間・試験期間(個人・団体共通)

 

 

なお、CBT方式でも、IBT方式でも受験が可能になります。

 

CBT :全国にあるテストセンターで受験
IBT  :インターネット環境があればどこでも受験可能

 

BATIC受験者データについて

BATICの受験者データがありますので、参考にしてください。

 

試験日称号受験者(人)実受験者(人)認定者(人)
第40回2020年12月13日(日)Controller Level1,5831,282105
Accounting Manager Level167
Accountant Level561
Bookkeeper Level310

 

第40回は2020年で、旧方式です。

 

実受験者が約1,300人のところ、105人(8%)がControllerレベルといった結果になっています。

 

年間2回受験可能なので、年間約3,000人弱が受験している感じです。

 

BATICの学習について

BATICを学習するに当たっておすすめのテキストと問題集をご紹介します。

 

方式が変わっているので、必ず新版を購入するようにしましょう。

 

BATICテキスト

 

BATIC問題集

 

2021年9月現在では、新方式の過去問がありませんのでご注意下さい。

 

 

TACや大原でもBATICの講座がありますので、受講してみるのも良いかもしれません。

 

気になる人は資料請求をしてみましょう。

 

 

TACでBATIC講座を見る 

 

 

USCPA(米国公認会計士)のススメ

この記事ではBATICをご紹介しましたが、英語×会計をアピールしたい方はUSCPA(米国公認会計士)を視野に入れるのが良いでしょう。

 

BATICの試験方式が大きく変わったことにより、その価値が大きく下がるものと予想されます。

 

また、BATICの点数を取ったところで企業が評価してくれるかは、東京商工会議所のマーケティング能力次第という他力本願です。

(TOEICのように世界的に非常に有名な民間資格になれば良いですが、BATICはどこまで期待できるか不明です)

 

私はUSCPA(米国公認会計士)ですが、その資格の威力は絶大だと感じています。

 

USCPAに少しでも興味が湧いた方は、一度以下の記事をご覧になってください。

 

関連記事

ecoslymeと申します。 社会人にとって何か良いおすすめの資格はないか、とネットを調べてみると最近よく目にするこの名前。 米国公認会計士(USCPA)とは一体何なのか、気になる方も中に[…]

 

 

※クリックで公式サイトへ移動します

 

資料は紙媒体だけでなく電子媒体でも入手できます。
資料請求後、すぐに資料内容が閲覧可能です(資料へのURLリンクがアビタスからメールで送られてきます)。

最後に

ベクター 選抜

いかがでしたでしょうか?

 

BATIC(国際会計検定)という言葉は聞いたことがあるけれどもどんなものか分からなかったという方は、少しはイメージ出来たのではないでしょうか。

 

BATICは目的とする検定試験ではなく、通過点として利用している人が多いのではないでしょうか?

 

USCPA(米国公認会計士)を受験する前にBATICを受験する人も多いような印象があります。

 

国際的な会計基準を知っている人は、今後食いっぱぐれることがなくなると考えられますので、一度USCPAについて調べてみると面白いと思います。

 

【USCPA】コスパ最強の資格!米国公認会計士とは何か?

USCPAに強い転職サイト・転職エージェント

 

USCPA科目合格の方も監査法人への転職実績があります

景気が悪化してしまう前に登録することをオススメします。

 

時間がない方は、上から3社だけでも登録しておけば問題ないです。

  1. マイナビ会計士
    :労働環境、経営者の人柄など、本当に知りたい情報が入手可能 ※要USCPA資格
  2. MS-Japan
    :特化型エージェントならではの高い専門性を持つアドバイザ多数在籍
  3. ジャスネットキャリア
    :監査法人・コンサルファーム・税理士法人への転職狙いの方はこちら
  4. ジャスネットスタッフ
    :経理、経理の派遣への転職狙いの方はこちら ※USCPAの方はジャスネットキャリアへ
  5. ビズリーチ
    :ハイクラスな転職の案件を見たい方

※クリックで公式サイトへ移動します

  1. Samurai Job
    :外資系ハイキャリアへの転職狙いの方はこちら
  2. アクシスコンサルティング
    :超有名外資コンサル、大手コンサルへの転職狙いの方はこちら

※クリックで公式サイトへ移動します

 

 

参考記事:USCPAの転職(年収1,000万円超を目指したい人向け)

USCPAに興味が湧いた方は、以下のリンクから公式サイトを覗いてみましょう。

 

資料請求セミナー無料で申し込みできます。

 

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

>>セミナー申し込みはこちら<<

米国公認会計士ならアビタス

 

>>資料請求はこちら<<

USCPAを目指すならアビタス

※クリックで公式サイトへ移動します