【USCPA】監査法人の1年・1日のスケジュール!実は意外と激務じゃない?

ecoslymeです。

 

USCPA米国公認会計士)の資格を取得して、監査法人で働いてみたいと思うけど、どんな生活が待っているの?

 

困っている人
USCPAの資格を取得して、監査法人に転職してみたいけど、今より激務になるのかな?
困っている人
監査法人に行ったら1年中忙しくて、休みなんか取れないんじゃないの?

 

皆さんの中にも、このように思っている方もいるのではないでしょうか?

 

監査法人に転職しても、激務の日々が続くなら嫌だと思う人もいるでしょう。

 

そこで、この記事では監査法人(監査業務)の1日のスケジュールについて、一般的な例(2人の例)をご紹介したいと思います。

 

また、1年のうちいつが繁忙期で、いつが閑散期なのかについてご紹介します。

 

 

 

 

USCPAの監査法人(監査業務)の1年のスケジュール

ベクター 航海

USCPA(米国公認会計士)であっても、JCPA(日本の公認会計士)であっても同じ会社ですので、基本的に監査業務の1日のスケジュールは変わりません。

 

監査法人で働く人の1年のスケジュールについて簡単にご紹介します。

 

繁忙期と閑散期についてイメージを持てるようになります。

 

早速、以下の図をご覧ください。

 

  • 監査法人(監査業務)の繁忙期メーター

 

繁忙期はメーターの数が多く、閑散期はメーターの数が少ないように表現しています。

 

忙しさは決算期に連動しています。

なお、企業の大小と決算の時期は関係ありません。

 

監査法人の1年の月別の忙しさ

  • 4月、5月(上旬)が一番の繁忙期

4、5月(上旬)が一番の激務の時期になります。

 

監査業務はクライアント決算期に合わせてスケジュールが決まり、日本では3月決算の企業が多いため、4、5月が繁忙期となります。

 

決算期末日から45日以内の情報開示が適当」(東京証券取引所)としているので、4〜5月上旬まで激務となります。

 

  • 四半期の次の月(7月、10月、1月)はやや忙しい

また、四半期もやや忙しくなります。

 

監査の品質維持と期末の負荷を軽減する目的のレビュー業務です。

 

  • 8月と12月は閑散期

8月は夏休み、12月は年末年始の冬休みというイメージです。

 

監査法人でも常に忙しいわけではなくて、このようなご褒美期間があります。

 

一般的な企業よりもメリハリのある1年間になりますので、好きな人には良いスケジュールです。

 

監査法人の1日のスケジュール

ベクター ロケット1

次に監査法人の1日のスケジュールをご紹介します。

 

具体的に1日のスケジュールを見た方がイメージしやすいですよね。

 

通常期繁忙期では働き方が違いますので、通常期と繁忙期を分けてご紹介します。

 

通常期はあまり大差ないので、2名(Aさん、Bさん)についてご紹介します。

 

繁忙期は人によりマチマチなところがあるので、3名(Aさん、Bさん、Cさん)についてご紹介します。

 

監査法人の1日のスケジュール(通常期)

<Aさん>

時間やること
7:30起床・支度
9:30出社(クライアント先)・メールチェック
10:00チームミーティング
11:45ランチ
14:00会社ヒアリング
15:00調書作成
17:30終業・帰宅
18:30夕食
19:30ジム・クラブチームでの活動
22:00読書・自己研鑽
1:00就寝

 

<Bさん>

時間やること
7:30起床・朝食
8:20通勤
9:00出社(自社オフィス)
10:00チームミーティング
10:30クライアントへのヒアリング、調書作成
11:45昼食(他チームの同期と)
13:00マネージャーに同行し、新規クライアントとの顔合わせ。資料の読み込み。
17:30終業
18:00自己啓発(社外の勉強会)
21:00帰宅・夕食
22:00読書、趣味(資格取得なども)
23:30就寝

 

通常期では、AさんもBさんも17:30〜18:00頃に終業して、残りは自分の好きな時間に当てています。

 

周りの優秀な人に負けないようにとか、今後のキャリアアップのために自己研鑽や、社外の勉強会に参加などもしています。

 

監査法人は優秀な人材が多いことやステップアップのために入社している人も多いので、自分の成長のためには努力を惜しみません。

 

監査法人の1日のスケジュール(繁忙期)

<Aさん>

時間やること
7:30起床・支度
9:30出社(クライアント先)・メールチェック
10:00チームミーティング
11:45ランチ
14:00営業担当ヒアリング
15:00調書作成
18:00チームミーティング(進捗報告)
18:30移動(クライアント先から自宅へ)
19:30調書作成
20:30終業・帰宅
21:00夕食
22:00読書・自己研鑽
1:00就寝

 

<Bさん>

時間やること
7:00起床・朝食
7:45通勤(クライアント先直行)
9:00出勤(臨時の鑑査室として提供された会議室)
9:20チームミーティング
10:30クライアント各部門へのヒアリング、帳簿や経理書類、契約書等のチェック。
12:00昼食
13:00クライアント各部門へのヒアリング、帳簿や経理書類、契約書等のチェック。
19:00帰社・夕食
20:00クライアント先で行った作業のまとめ、調書、確認状の作成、明日の準備。
22:00終業
23:00帰宅
0:30就寝

 

<Cさん>

時間やること
8:00起床・朝食
9:00通勤
9:30出社(クライアント先)
9:30チームミーティング、社内メールチェック
10:00確認状対応、回答額に不備がないかチェック
12:00昼食
13:00調書作成。PCでの作業が9割。先輩やクライアントに質問等。
19:00進捗確認
19:30確認状回収、作業
21:00終業
21:30帰宅
0:00家での作業終了
1:30就寝

 

Aさん、Bさん、Cさんも外資コンサルのように毎晩夜中2時まで仕事、というレベルのハードワークではありません

 

場合によっては、20時〜22時頃に仕事が終わる人もいます。

 

新人の中には、早朝に出社して終電まで残業という人もいますが、毎日というわけではありません。

 

昔は残業200時間レベルまで残る人もいたようですが、最近では36協定(サブロクキョウテイ)という労使協定のため、残業の上限が100時間であったり、日曜は出勤が2回までといったルールがあるなど、年々管理が厳しくなっているとの声もあります。

 

参考までに、残業100時間のイメージは以下になります。

 

  • 残業100時間のイメージ

定時が9:30〜17:30の企業の場合、15分休憩し、17:45から残業として

A.平日のみの場合         17:45〜22:15
B.2回休日出勤の場合  (平日)17:45〜21:30、(休日)9:30〜17:30(1時間休憩)

 

時間として洗い出してみると、意外と激務ではないと思った人もいるのではないでしょうか?

 

中には、「繁忙期でも今の自分より拘束時間が短い!」という人もいるのでは?(それはさすがに働き過ぎだと思います。。。)

 

おすすめの予備校

監査法人の1年、1日についてご紹介させていただきました。

 

ですが、まだUSCPAを取得していない人USCPAの勉強を開始していない人もいるかと思いますので、USCPAの予備校についてご紹介したいと思います。

 

USCPA取得のために予備校を利用される場合、おすすめはアビタスAbitus)です。

 

定期的にアビタスにて、無料でUSCPAの説明会が開催されています。

オンライン説明会(Webinar)となります。

 

説明会に参加するのは無料ですので、独学の方も説明会を受講されることを強くおすすめします。

 

ここで動かなければ、恐らく今と同じ生活から一生抜け出すことはできません。

1日くらい休日の数時間を潰して説明会に参加してみて下さい。

 

仮に興味がなかったとしても、その行動力はどこかで意味のあるものとなってきます。

 

私は説明会を受講したその日に申し込みを行いました。

 

2、3年後を考えたときに、

「あの時から勉強していれば、今頃はUSCPAになれていたのに。。。今も社内で同じ仕事。」

「同期は海外駐在でワールドワイドな仕事をしているのに、自分は未だにここで何しているんだ。。。」

後悔している自分が想像できてしまい、悔しさと虚しさがこみ上げてきたからです。

 

結果、あの時説明会に足を運んでいて良かったと今でも思います。

人生が変わった瞬間で、視野が急に大きくなった感覚がありました。

 

逆に説明会を聞いた後に申し込みをしていなければ、ただUSCPAの未来を想像しただけで、気持ちは大きくなっているが何も習得していない、いわゆるただの意識高い系男子になっていただけだったでしょう。

 

 

 

「自分は地方だから通えない」、「近くにアビタスがないから他の予備校を考えよう」と思っている方は特に注意してください。

アビタスはUSCPAの合格実績がNo.1です。

 

 

近くにないという理由で予備校を変更することは命取りになります。

 

 

他社の教材は難しすぎて、1科目目を受験すらせずに挫折する可能性が十分考えられます。(逆に言えば、ふるい落としで残った受験者は非常に優秀)

 

USCPA受験に必要な単位を取得するのに、アビタスは自宅のPCで教材を見ながら簡単に取得できますが、他社の場合はテストセンターに20回以上も通わなければならず、教材を見ずに受験しなければならないと、ハードルがかなり高い可能性があります。

 

USCPAの勉強は基本的に自分のパソコンのE-Learningで行うことが多いです(私はE-learningのみで合格しました)。

つまり、アビタスは自宅の場所がどこにあろうと関係ありません。

 

よく考えてから予備校を選びましょう。

 

どうしても説明会に参加出来ない方は、資料請求をすることもできます。

説明会の参加と資料の請求等は共に以下のボタンから可能です。

 

なお、アビタスは説明会、資料請求は無料ですので、気軽に申し込みが可能です(1分)。

他の予備校と比較することが可能なので、この機に申し込んでおきましょう。

 

ここで動かなければこの先何も変わりません。

 

説明会に参加すれば、USCPAに関するお得な本(1,000円相当)がプレゼントされる場合もあります。(ご確認下さい)

※以下のリンクをクリックすればセミナー申込み/資料請求が可能です

 

 

 

 

最後に

ベクター 選抜

いかがでしたでしょうか?

 

監査法人について少しはイメージを付けることができましたでしょうか?

 

監査法人は何も公認会計士だけが入社できるものではありません。

 

最近では、USCPA(米国公認会計士)の採用も多くあります。

 

今後の長い人生のお供に「最強の楯」としてUSCPAを取得して、監査法人に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

USCPAに強い転職サイト・転職エージェント5選(30代・40代OK)

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

 

✔︎1回最短3分から!スキマ時間でできる英会話レッスン

✔︎スマホ/PCでリスニングからスピーキングまで全て集約

✔︎ディクテーションや発話トレーニングなど本格的なトレーニング

 

 


Universal Speaking

 

✔︎日本ではまだ少ないIELTS対策コースを用意!

✔︎1日の受講制限がないため、短期集中レッスンも可能!

✔︎目的に合わせてレッスンを行える!