【エクセル】四捨五入、切り捨て、切り上げ Round関数の使い方を教えます

ecoslymeです。

取引先への請求書での金額の端数を切り下げ切り上げ四捨五入で作成している方は多いのではないでしょうか。

エクセル(Excel)で四捨五入をしたい時、このRound 関数を使用します。

Roundとは英語で、その名の通り四捨五入の意味です。

その他セットで覚えるべきものとして、切り上げRoundup)、切り捨てRounddown)があります。

 

この記事では、上記の関数について説明させて頂きます。

 

元データと結果

 

Round 関数(四捨五入)の使い方

下記の製品の金額を四捨五入で求めます。

なお、F列にはすでに価格×数量の金額を記載しています。

この金額の小数第1位を四捨五入します。

 

G3セルに以下のように入力します。

「 =ROUND(F3,0) 」

 

2つのブロックの意味を説明します。

=Round

(   F3 ,  0  )
数値桁数
  • 金額のセルを選択する
  • 小数第何位四捨五入するか

桁数について

桁数について補足説明します。
小数第1位を四捨五入する場合、桁数は0です。
十の位を四捨五入する場合、桁数は-2です。

「桁数(の部分)と四捨五入される桁の関係」

 

小数第1位を四捨五入する場合、上記の桁数は”0“となります。

 

Roundup 関数(切り上げ)の設定方法

Roundup関数もRound関数と設定方法は同じです。

次は小数第2位切り上げします。

 

H3セルに以下のように入力します。

「 =ROUNDUP(F3,1) 」

 

2つのブロックの意味を説明します。

桁数の部分が”1“となります。

=Roundup

(   F3 ,  1  )
数値桁数
  • 金額のセルを選択する
  • 小数第何位切り上げするか
以下のように、小数第2位の数字が切り上げされました。

 

Rounddown 関数(切り下げ)の設定方法

Rounddown関数もRound関数と設定方法は同じです。

次は十の位切り下げします。

 

I3セルに以下のように入力します。

「 =ROUNDDOWN(F3,-1) 」

 

2つのブロックの意味を説明します。

桁数の部分が”-1“となります。

=Roundup

(   F3 ,   -1  )
数値桁数
  • 金額のセルを選択する
  • 小数第何位切り下げするか
以下のように、十の位の数字が切り下げされました。

 

 

消費税を考慮して四捨五入する方法

次に消費税(8%)がある場合を考えます。

金額なので小数第1位四捨五入します。

これはRound関数の中に数式を加えることで設定可能です。

 

J3セルにに以下のように入力します。

「 =ROUND(F3*1.08,0) 」

 

単にF3に1.08を掛け算しただけです。

 

補足説明

小数の桁減らしたり、増やしたりしたいという場合、エクセルの上部真ん中のやや下にある、「←0.00」、「→0.00」をクリックして下さい。

下の赤枠の部分になります。

 

例でお見せします。

 

以下の表でH3〜H5セルを選択して、「→0.00」をクリックしてみます。

 

小数が一桁減りましたね。

 

最後に

 

日々の請求書などの表で利用できる関数をご紹介しました。

基本的な関数となりますが、あれば便利な関数となります。

 

この記事を元に、雑務などで使う時間をどんどん削減していきましょう。