【USCPA】30代、40代でもOK! オススメの転職サイトを紹介

ecoslymeです。

 

コスパ最強との呼び声の高いUSCPA米国公認会計士)。

その所以は資格を取得すれば、転職のハードルが非常に下がるということ。

 

USCPAの資格をお持ちの方も、これから取得を目指す方も是非この記事を最後までご覧下さい。

どれ程USCPAの求人があるか、需要が高いかが分かります。

 

この記事では、USCPAを取得している方へのオススメの転職サイト転職エージェントをご紹介します。

USCPA向けオススメの転職サイト

 

まずは、USCPAを取得した方、本当におめでとうございます

1年かからずに合格した方や、逆に4年、5年と努力を積み重ねてようやく資格を取得できた方もいるかと思います。

お疲れ様でした。心から祝福を申し上げます

 

私の場合、資格取得には1年11ヶ月かかりましたが、非常に辛かったです。

平日は飲み会の後、家に帰ってきて寝たいと思う気持ちを押しのけ勉強したり、土日の遊びに行きたいという欲求に必死に耐えて勉強したりを約2年間続けるのは苦行でした。

ですが、資格を取得したときの喜びは何者にも代えがたい喜びを感じました。

 

特に社会人で仕事と両立しながら資格取得した方が多いのではないでしょうか。

その忍耐力突破力は必ず社会に評価されるものです。

 

また、これから資格を勉強される方は、長く辛い勉強漬けの日々が待っているかと思いますが、くじけずに最後まで頑張って下さい

その努力の先には必ず明るい未来が待っています。

 

さて、ここで本題に入っていきたいと思います。

 

早速ですが、USCPA向けのオススメの転職サイトをご紹介します

科目合格者でも転職の可能性があるかもしれませんので、登録だけでもしてみることをオススメします。

 

MS-Japan

まずはこちらの会社です。

 

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】



 

MS-Japanは、管理部門・士業特化型転職エージェントNo.1の求人・転職情報サイトです。

USCPAを生かしたいとなれば、このサイトは外せないでしょう。

 

ジャスネットキャリア

次はこちらの会社です。

 

【ジャスネットキャリア】


会計業界に精通したコンサルタントが多数おり、長年にわたる経験を通して会計業界や企業経理分野との強固なパイプと就職・転職の独自のノウハウを持っています。

 

 

次は同じジャスネットキャリアですが、会計士の案件ではないのでご注意下さい

経理経理派遣に特化した求人です。

ジャスネットスタッフ

 

 

マイナビ会計士

次はこちらの会社です。

 

マイナビ会計士

 

 

 

マイナビは説明しなくてもわかる程有名でしょう。そのマイナビの会計士に特化した求人サイトです。

若手会計士が使いたいサイトNo.1です。

求人数、情報量の多さが圧倒的です。

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェント

 

こちらはマイナビが運営する総合型の転職エージェントです。

20代~30代の転職に力を入れています。

 

会計士の案件だけでなく、幅広い業種の案件があります。

エージェエントを通じて、会計士だけではなくその知識を生かした天職が見つかるかもしれません。

新たな視点を手に入れるため、登録してみるのも良いかもしれません。

 

SACT USCPAキャリアナビ

 

SACT USCPAキャリアナビ

 

 

USCPA専門の転職サイトです。

 

会計監査、会計アドバイザリー、国際税務/価格移転アドバイザリー、M&A/事業再生アドバイザリー、経理/財務/税務、経営企画/内部監査と、紹介してくれる案件は多岐に渡ります。

 

USCPA合格の方は、まずはSACTUSCPAキャリアナビ)に登録することをオススメします。

USCPA専門転職プロは非常に心強いことでしょう。

 

最後に

転職サイトに登録することは、自分の市場価値が分かる良い機会だと思います。

 

とあるUSCPA予備校の体験記では、大学卒業後にフリーターとして活動しており(もちろん財務経理全くの未経験)、30代で一念発起してUSCPAを取得した方が、転職サイトを通じて中堅の監査法人に就職できたということが書かれていました。

 

これ程までに評価されている資格です。

 

なお、私も財務経理未経験ですが、転職エージェントからBIG4(EYDeloitteKPMGPwC)全て受けたら、2つ以上は内定を貰えると太鼓判を押されました。

 

中には、4科目合格ではなく2科目合格でも合格した人もいるみたいです(時代に左右されていそうですが)。

 

この記事が、皆さんの将来のキャリアパスに少しでもお役に立てれば非常に光栄です。